大日本印刷 タブレット端末で手書き入力できる「DNPデジタル帳票配信・受信サービス」の機能を拡張
2019年08月30日
大日本印刷(DNP、北島義斉社長)は、申請書や申込書のデジタル化・ペーパーレス化の促進に向けて、タブレット端末に表示するPDF帳票を、担当者が直接、設計~確認・検証~システム登録できるツールを開発した。この帳票作成ツールを「DNPデジタル帳票配信・受信サービス」に新機能として、2019年8月30日に提供を開始する。

【「DNPデジタル帳票配信・受信サービス」の新機能開発の背景 と特長】
各種帳票をデジタル化することで入力作業およびデータ管理を容易にするとともに、ペーパーレス化につなげて業務効率を向上させる取り組みが進んでいる。帳票に直接データを入力するためには、体裁(フォーマット)ごとにデジタル帳票を設計・開発し、確認・検証を経て作成する必要があり、既存の膨大な種類の帳票をデジタル化する費用負担も大きくなることが課題となっていた。
DNPは、タブレット端末上に帳票のフォーマットを表示し、手書き入力した文字をテキストデータ化して、各種申込み手続き等のペーパーレス化を支援する「DNPデジタル帳票配信・受信サービス」*を、2018年からクラウド型サービスとして提供してきたが、今回、本サービスで利用するデジタル帳票を、IT関連の初歩的なスキルがあれば、導入企業の担当者が自社で制作できる帳票作成ツールの提供を開始する。これまでDNPがデジタル帳票の制作を行ってきており、今回、そのノウハウを帳票作成ツールとして顧客企業に提供することで、各種帳票の制作期間の短縮とコストの削減を実現し、企業等のペーパーレス化・業務効率化を支援する。

■従来の帳票制作との比較



【新しい帳票作成ツールの主な機能】
・「DNPデジタル帳票配信・受信サービス」用のデジタル帳票の制作に必要なファイル(「定義ファイル」や「PDFフォーム」など)、および、帳票の修正・流用に利用する「設計書」を生成する。
・Adobe Acrobat Pro DCと連動し、PDFデータのレイアウトを設定できる。
・Excelファイルで作成された「設計書」を読み込んで、帳票設定を効率的に行うことができる。
・「設計書」が不完全な場合でも、ツール上で項目を設定し直すことができる。

【今後の展開】
DNPは2019年秋 に帳票作成ツールの提供を開始し、2021年度までにサービス全体で累計25億円の売上を目指す。