「活版TOKYO2019」8月30日~9月1日の3日間開催、活版の在り方を様々な形で発信するイベント
2019年08月23日
活版TOKYO運営事務局主催、千代田区、千代田区商工業連合会後援で、「活版TOKYO2019」が8月30日(金)、31日(土)、9月1日(日)の3日間、神保町三井ビルディング/テラススクエアで開催する。入場無料。

活版TOKYOとは、活版印刷という昔ながらの、そして最近あまり見なくなった技術に再び光を当て、活版印刷の魅力を様々な世代の人達に知って欲しいという思いから、2015年より始まったイベント。
印刷に関わる作り手と、印刷や紙に興味のある方が直接出会い、 より身近に活版印刷の魅力を感じ触れる場として、 またこれからの活版の在り方を様々な形で発信していくイベント。

開催内容は次のとおり。
■活版マーケット
総勢48組の出展者が一同に集まる活版マーケット。
■活版TOKYOで体験できるワークショップ
箔名入付手製本ジャバラノート/ドット文字を活版でつくる/筑紫書体見本カードをつくる/
美篶堂製A7のノートに名入れ/活版TOKYO清涼うちわ
■世界の活版展 〜アジアンマーケット〜
アジアを中心に活躍されている5スタジオを招く。
海外の素晴らしい活版印刷作品を「世界の活版展 ~アジアンマーケット~」にてお楽しみください。
■活版トークショー
トークショー 溝活版の流儀ー素人活版の55年ー ゲスト:横溝健志氏
クロストーク 文字の魅力ー活版活字からデジタルフォントまでー ゲスト:藤田重信氏/関口浩之氏
■活版展示
フォントワークス/溝活版/研究社印刷