JAGAT 「動画マーケティングの先進事例と活用」を7月16日開催
2019年06月21日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、7月16日(火)に研究会セミナー「動画マーケティングの先進事例と活用」を開催する。

スマートフォンが普及したことで日常的に動画を視聴する機会が増えた。たとえ数秒であっても動画が伝える情報量は多く、インパクトが大きいことは明らかだ。成長が著しいインターネット広告も動画広告が中心だ。テレビ放送と違い、ターゲットを絞って送り届けることも可能だ。つまり、動画を通じたマーケティングはさまざまな手法・スタイルで応用され、活用範囲が広がっている。
例えば、ビデオリリースとは、企業の伝えたい内容を伝えたい相手に配信するサービスだ。また、動画の自動生成ツールによって、低コストでタイムリーな動画の情報発信が可能になる。
さらに、近年では採用動画が、企業のリクルート活動の成否に与える影響も大きくなっている。活動のステップや対象に応じて、採用動画で伝えるべき内容や焦点も変わってくる。
さまざまな動画マーケティングの事例から、その現状や今後の活用を考察する。

■ 開催概要
●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2019年7月16日(火) 14:00-16:40(定員40名)
●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11
●参加費:JAGAT会員:10,800円、一般:15,120円(税込)

■ セミナー内容・プログラム
※詳細はWebをご参照ください。https://www.jagat.or.jp/cm20190716
■ ターゲットにダイレクトに伝えるビデオリリース制作・配信
株式会社 NewsTV 代表取締役 杉浦健太氏
■ 動画広告の自動生成ツール「RICHKA(リチカ)」
カクテルメイク株式会社 カスタマーサクセス・マネージャー 毛利直矢氏
■ 採用動画の現状とクリエイティブ
株式会社プランナッシュ 代表取締役 山崎準也氏