オークネット・イシクラ 写真仕分け支援サービス「Andy Photo Book」を共同開発
2019年06月18日
 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(東京都港区、藤崎清孝社長)と卒業アルバム制作大手の株式会社イシクラ(埼玉県さいたま市岩槻区、石倉博幸社長)は、AIを活用した写真仕分け支援サービス「Andy Photo Book(アンディ フォトブック)」を共同開発し、6月13日より提供開始した。

 「Andy Photo Book」は、AIを活用した顔識別サービス「Andy」を手掛けるオークネットと83年以上にわたり卒業アルバムを制作するイシクラが、ぞれぞれのノウハウを活かした、写真仕分け支援サービス。主に卒業アルバム制作において作業負担の大きい「写真セレクト業務」の軽減を目指して、開発した。
「写真セレクト業務」とは、学校が学校行事の際に写真館に依頼して撮影した写真の中から、卒業アルバムに使用する写真を選定する業務のこと。数万枚にも及ぶ膨大な写真の中から、生徒が平等に登場する写真を選定することは難しく、その確認作業にはかなりの手間と時間がかかった。
 「Andy Photo Book」では、事前に生徒の個人写真やスナップ写真を登録するだけで膨大な写真との顔識別を行え、適切な写真の選定が可能。「写真セレクト業務」の効率化が図れる。




■主な特長
(1) 個人の顔をAIで自動判別
・AIを利用した顔識別により、膨大な写真の中から個人の検索が可能
・特定写真から、そこに写っている登録済み個人の一覧を出力
・横顔や帽子・メガネの着用、髪型の変化にも対応し、個人の特定が可能
・集合写真から個人の顔を抽出し、その顔に類似した個人が写っている集合写真を検索することも可能
・各写真の集計情報(平均笑顔度、人数、鮮明さ等)をCSV出力することで、カメラマン別の指標として分析可能
(2) 膨大な写真を安全にバックアップ
・パブリッククラウド(AWS:Amazon Web Services)を利用したバックアップのため、膨大な写真を高い信頼性で保存可能
・ブラウザからボタンひとつで写真の一括アップロードや一括ダウンロードが可能
(3) スナップ写真のセレクトが簡単
・膨大な写真の中から枚数を指定するだけで自動的にセレクトが可能
・写真の鮮明さや人数、笑顔、アップ率、対象学年生徒だけで構成されているか等、様々な条件から最適な写真をAIが自動抽出
・個人網羅率(登録した個人が偏りなく写っている状態)やイベント網羅率(イベントに偏りがない状態)も自動計算
(4) 初期費用無料と容易な導入
・初期費用無料で開始でき、費用は月額利用料+従量課金のみ
・WEBブラウザさえあればすぐに利用開始

■サービス概要
サービス名 : Andy Photo Book
開始日 : 2019年6月13日
対象 : アルバム制作会社や写真館
URL : https://photobook.andy.vision/#
利用環境 : Google Chrome ウェブブラウザ(最新)
 オークネットとイシクラでは、今後、大量の写真を正確に仕分けられる強みを活かし、卒業アルバム制作以外の利用シーンの開拓など、新たなサービス展開を目指していく。