ジャグラ 第54回定時総会 新しい事業を推進し、会員満足を高めていく
2019年06月10日
  一般社団法人日本グラフィックサービス工業会(ジャグラ、中村耀会長)は式典に先立ち、第54回定時総会を開催し、原案どおり承認された。
 岡本泰副会長の司会で始まり、黙祷に続き、宮本誠実行委員長が「3年前に引き受けることに決めたがそわそわしている。全国から参加頂き感謝を申し上げる。楽しんで頂きたい」と歓迎挨拶に続き、中村会長は「令和初の総会で、ジャグラの方向性を決める。ジャグラには序列はなく、我々役員は真摯に受け、ジャグラを活性化していく。財政も健全化し、事業もひとつ一つ推進してきた。またビジネス推進委員会で直近の問題を解決するため努力している」と挨拶した。
 議長に中村会長、副議長に岡澤誠副会長を選出して議事に入り、54年度事業報告および同決算報告並びに第55年度事業計画と同収支予算が原案どおり承認された。第55年度事業計画の基本方針は、ジャグラは今まで「強いジャグラ」を標榜してきたが、これに「たくましさと軽やかさ」を付け加えて「強いジャグラ~たくましさと軽やかさ~」の実現を掲げ、ジャグラ会員と全国の地協、支部と本部が一体となり、事業を推進してきた。こ年年度もこれを引き続き進めていく。
 ジャグラはこれまで進めてきた諸活動で、成果を上げてきたが、さらに新しい事業を推進することで会員満足を高めていく。
 議長が降壇し、組織拡大、ジャグラBB特別表彰、全国中央会表彰が行われ、菅野潔副会長の発声で大会スローガンを斉唱し、熊谷正司副会長が総会終了挨拶した。


中村耀会長