大日本印刷 メルカリと連携し、繰り返し利用可能な梱包材「メルカリエコパック」を提供
2019年06月05日
大日本印刷(DNP)は、「循環型社会*の実現」に向けて、株式会社メルカリが6月5日から提供する、繰り返し利用可能な梱包材「メルカリエコパック」を提供する。
DNPは、持続可能な社会の実現に向けて、社会課題の解決につながる価値の創出に努めており、植物由来の原材料を使用した包装材「バイオマテックシリーズ」や、リサイクルに適した単一素材(モノマテリアル)のフィルムパッケージなど、環境負荷の低減に向けた様々な製品・サービスを開発、提供している。
今回、DNPは、メルカリが創業期から目指している「循環型社会の実現」(捨てるをなくし、価値が循環する社会を構築する)に向けて事業を通じた環境課題の取り組みに賛同し、耐水性・耐久性に優れ、汚れに強いターポリン素材の「メルカリエコパック」を提供することで、梱包材の再利用を促し、使い捨て資材の削減に貢献していく。
DNPは今後も、「P&I(印刷と情報)」の独自の強みと、多様なパートナーの強みと掛け合わせて、社会課題を解決し、人々の期待に応える新しい価値の創出に取り組んでいく。
*循環型社会 : 効率化や再生産などによって、地球資源を持続可能な形で循環させながら利用していく社会のこと

■メルカリエコパックについて
「メルカリエコパック」は、フリーマーケットアプリ「メルカリ」を利用して、個人間で売買する商品の配送用に、繰り返し使える梱包材として、テント等で使用するターポリン素材を採用して開発した。メルカリをはじめとするEC市場の成長により、商品を梱包する資材も増えてきている中で、資材についてもメルカリの商品同様、「まだ使えるものをリユースしたい」というメルカリの考えを反映した梱包材。
A4サイズに対応した「ネコポス(厚さ2.5cm以内)」および「ゆうパケット(厚さ3.0cm以内)」の2種類の梱包形態で利用可能。