共同印刷 開封も容易な「吸湿機能付きイージーピール蓋材」を開発
2019年05月28日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、一般的な合成樹脂として各種用途に使われているポリ塩化ビニル(以下PVC)系ブリスターとヒートシール※でき、開封も容易な、「吸湿機能付きイージーピール蓋材」を開発した。
※一定の加熱・加圧によってプラスチックフィルムを溶融接着させる方法

同社の湿気・アウトガス吸収フィルム「モイストキャッチ」は、乾燥剤を使わずにパッケージ内部を低湿度環境に保つことができるため、医薬品・電子部品・精密機器など、さまざまな業界の湿気、アウトガス対策に貢献してきた。
このたび開発した「吸湿機能付きイージーピール蓋材」は、モイストキャッチ上に特殊なイージーピール層を形成することで、ブリスター容器に使用されるPVC とのヒートシールを可能にした製品。蓋材がブリスター容器内の湿気を吸収することで、内容物を乾燥した状態で保護することができるうえ、従来の製造ラインでの充填も可能。また、イージーピール層の材料を工夫することで、密閉性を維持しつつ簡単に内容物を取り出すことを可能にし、“蓋材をめくって剥がす”イージーピール方式を実現した。
同開発品の使用により、医薬や医療・分析機器をはじめとするブリスター包装のパッケージへ、優れた吸収機能を簡単に付与できる。
今後、同社は、本開発品を拡販すると共に、高機能フィルムのラインアップ拡充と販売拡大に引き続き注力し、生活・産業資材系事業の発展に努める。