大日本印刷 アンテナ用「超微細金属メッシュ配線フィルム」を開発
2019年05月17日
大日本印刷(DNP、北島義斉社長)は、通信用の高感度なアンテナとして使用する、線幅1ミクロン(µm=マイクロメートル=10-6メートル)の金属メッシュをフィルム形状にした「超微細金属メッシュ配線フィルム」を開発した。
透明なフィルムに配線を組み込んだ製品特性を活かして、次世代スマートフォンの表示画面にも貼付できるため、アンテナを機器内部に格納する必要がなくなり、機器の高機能化と小型化に対応する。


超微細金属メッシュ配線フィルム(拡大イメージ)

スマートフォン等の通信機器でやり取りするデータ量の急速な拡大に対応するため、現行の通信システムである第4世代移動通信システム(4G)と比べて大容量のデータの送受信が可能な5Gの環境整備が進められている。この5Gに対応するスマートフォンは、2020年の商用化を目指して世界各国で開発されており、小型化と高機能化が同時に求められる機内で、さらに5G対応のアンテナを格納するスペース確保が難しいという課題があった。
こうした課題に対してDNPは、長年培ってきたフォトリソグラフィ技術を活用して、スマートフォンの内部ではなく、ディスプレーに貼付しても、画面の見え方を損なわずに、アンテナとして機能する透明な超微細配線フィルムを開発した。

【開発した超微細金属メッシュ配線フィルムの概要】
今回DNPが開発した超微細金属メッシュ配線フィルムは、現行のスマートフォンのアンテナと同等レベルの性能を実現する。
基材となるフィルム上に金属(銅)の超微細パターンを形成しており、線幅を縦横各1μm(100μmピッチメッシュ)以下とすることで、目視では確認できないため、スマートフォン画面の視認性を損なわない。
また、銅は他の金属に比べてシート抵抗が低いことから、超微細な線幅(1μm)でも、アンテナに適したシート抵抗(2Ω/□)を実現している。

【今後の展開】
DNPは、この超微細金属メッシュ配線フィルムをスマートフォンメーカーなどに提供していく計画。
なお、5月14日~16日にアメリカのサンノゼで開催されているディスプレーの学会「SID 2019」のDNPブースで、今回開発した超微細金属メッシュ配線フィルムを紹介している。