トッパン・フォームズとZBB データ流通を支えるプラットフォームサービスの技術検証を実施
2019年05月13日
 トッパン・フォームズ(東京都港区、坂田甲一社長、以下トッパンフォームズ)とZEROBILLBANK JAPAN (ゼロビルバンク・ジャパン、本社:東京都千代田区、堀口純一社長、以下、ZBB)は、円滑な情報共有というブロックチェーン(分散台帳)の利便性を確保しつつ、個人情報や機密情報をセキュアに保管・管理する仕組みの技術検証を完了した。
 技術検証では、サービス提供事業者のサービスに入力されたデータをZBB のブロックチェーンからトッパンフォームズのPDS(パーソナルデータストア)へセキュアに連携することで、ブロックチェーン自体には個人情報を伝播させずに、管理主体の違う環境へ必要な情報を連携する技術について検証している。
 なお、今回は技術検証の第一弾として全国保証株式会社(以下、全国保証)のAI を活用した住宅ローン事前審査モデルにおいて、ユーザーが入力したデータを安全かつ適切に分別流通できるかを検証している。具体的には、ユーザーが入力した住宅ローン審査に必要な個人情報や資産状況などのデータ自体をブロックチェーンで流通させず、PDS 内の情報の所在を示すアドレスで管理し、適切な権限を持つ事業者のみが参照、利用できるかについて技術検証した。




 今後、全国保証では本仕組みを活用したサービスを検討することで、不動産会社とユーザーにおいては以下のような効果がそれぞれ期待できると考えている。
- 不動産会社:窓口での住宅ローン審査の簡素化や、審査結果を基にした最適な提案
- ユーザー:機関保証のお墨付きがある状態での最適な住宅ローンの選択

 ZBB と全国保証、ナレッジコミュニケーションの3 社は、2018 年12 月からAI と分散台帳技術を活用した住宅ローン審査保証および申込フロー構築に関する研究開発を実施している。その効果検証やサービス化にあたり、ユーザーが登録したデータから個人情報などのデータを分別して情報流通できる仕組みを検討する必要があった。
そこで、このたび技術検証の実施にあたり、ZBB とデータ流通分野で協業するトッパンフォームズが参画し、ZBBのブロック チェーンとトッパンフォームズのPDSを連携させたプラットフォームを構築することで、高いセキュリティ環境で個人情報の保有が可能な新たな仕組みを確立した。

【今後の展開】
 今後データ流通事業における異なるユースケースで、技術検証、効果検証、サービス化に向けた要件定義・開発を進め、さまざまな関連企業が大規模なシステム開発を行うことなく、データをセキュアな状態で容易に共有できるプラットフォームを構築し、2020 年4 月までのサービスインを目指していく。