JAGAT 「技術革新で変わるチラシ周辺BtoCマーケティング」を5月29日開催
2019年05月08日
 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、5月29日に「技術革新で変わるチラシ周辺BtoCマーケティング」を開催する。

 JAGATでは毎年、折込チラシの最新動向を解説する研究会を開催している。
折込チラシは、目に見えて効果がある媒体として今も根強い需要があり、新しい活用事例が日々生まれている。チラシ以外のエリアマーケティング手法の開発も進んでいるが、乱立してどれも決定打に欠けるまま、しかしチラシのシェアは確実に減り続ける展開だ。このような状況下で、凸版印刷はShufoo!(Webチラシ)とMapion(地図)からなる新会社を設立、BookLive(電子書籍)を含めBtoC事業の集約と強化を打ち出した。
 一方、進展するキャッシュレスもチラシを含む買い物行動に新たな変革をもたらす可能性がある。同研究会では、チラシ事例、そこから派生的に広がるBtoC事業の可能性、キャッシュレスによる生活者の買い物行動と企業マーケティングの変化について、折込チラシの現状・事例とFinTechの最新動向から考える。

■ 開催概要
●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2019年5月29日(水) 14:00-17:30(定員40名)
●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11
●参加費:JAGAT会員:10,800円、一般:15,120円(税込)
■ セミナー内容・プログラム ※詳細はWebを参照のこと。
https://www.jagat.or.jp/pm20190529

セミナー内容・プログラムは次のとおり。
■14:00-14:50 新聞折込広告の最新動向2019-その特性と活用事例-
株式会社読売IS メディア開発本部マーケティング部長 小林聡史 氏
■14:55-15:40 WEBチラシShufoo!の位置情報活用による新展開とこれから
凸版印刷株式会社 メディア事業推進本部 本部長 山岸祥晃 氏
■15:50-16:40 Fintechとキャッシュレスの動向
みずほ総合研究所株式会社 金融調査部長
金融庁「仮想通貨交換業等に関する研究会」メンバー 三宅恒治 氏
■16:45-17:30 LINE Payの活用法
LINE Pay株式会社 事業開発室 戦略チーム 増田勝治 氏