日本経営協会 「よく分かる!近未来テクノロジー2019」eラーニングパッケージの提供を開始
2019年04月15日
一般社団法人日本経営協会(東京都渋谷区、浦野光人会長)は、3月29日より、新たに「よく分かる!近未来テクノロジー2019」eラーニングパッケージの提供をスタートした。
政府が策定する「AI戦略」においても、“AI人材”の育成が必要とされるなか、「AI」「IoT」などに対する基本理解や事業への活用可能性を学ぶことは、ビジネスにおいても重要度が増してきている。

同パッケージでは、「AI」や「IoT」は勿論、その仕組みや発展に関係する「ディープラーニング」や「ロボティクス」、これからの産業界に大きな影響をもたらすことが予想されている「3D4Dプリンティング」や「xR(VR/AR/MR)」などを「近未来テクノロジー」とカテゴリーし、それぞれについて関連用語解説を含む基本知識の解説から、現在の利活用状況、今後の活用可能性までを紹介していく。

最新テクノロジーに苦手意識がある経営層の基本理解や、これからの先端技術に対応する人材の育成へ向けた基礎教育など、幅広く学習できる入門教材だ。

詳細は、下記URLにて公開している。
https://www.noma.or.jp/nnr/tabid/576/Default.aspx