大日本印刷 東京アニメセンターで「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」18日から開催
2019年04月15日
大日本印刷(DNP)は「東京アニメセンター in DNPプラザ」(東京・市谷)にて、2019年4月18日(木)~5月12日(日)に、TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(略称:ダンまち)のシリーズ初めての企画展を開催する。
同企画展内で、原作者の大森藤ノ先生が監修した謎解きクエスト「ダンまち緊急ミッション」も実施する。



©大森藤ノ・SBクリエイティブ/劇場版ダンまち製作委員会

■「ダンまち」初のシリーズ企画展について
TVアニメ2作品、劇場版アニメ1作品、スマートフォンアプリの合計4作品を集めた企画展。また、2019年7月からの放送が決定し、注目を集めている第二期のアニメ情報も展示する予定。
~展示作品~
〇TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」
〇TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア」
〇劇場版アニメ「劇場版ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-」
〇スマートフォンアプリ(ゲーム)「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか メモリア・フレーゼ」

■物語の舞台オラリオや地下ダンジョンの雰囲気を体験できるフォトスポットを設置
会場は、「ダンまち」の世界を楽しめる「ダンジョンを模したエリア」と「オラリオの街並みを模したエリア」、そして「資料展示エリア」の3つのエリアで構成する。
ダンジョンを模したエリアは、物語に出てくる薄暗い地下ダンジョンをイメージした装飾で、実際に冒険しているかのようなわくわく感を味わうことができる。
オラリオの街並みを模したエリアは、物語の舞台となるオラリオの街を楽しめるほか、その街並みに入って「ダンまち」のキャラクターたちと出会ったような写真が撮れる「フォトスポット」を用意する。
資料展示エリアでは、「ダンまち」の魅力の一つである“キャラクターの表情や行動”に焦点を絞って厳選した数々の場面写や設定資料、原画を展示する。

■原作者 大森藤ノ先生監修の宝探しクエストを実施
企画展期間中、「リアル宝探し※」を手掛ける株式会社タカラッシュの協力のもと、東京アニメセンター in DNPプラザを舞台にした謎解き企画を実施する。
「ダンまち」の原作者・大森藤ノ先生監修によるオリジナルストーリーの企画で、物語の世界観をより楽しめる内容となっている。展示を見るだけでなく、同イベントでしか体験できない限定ストーリーを楽しめる。
※「リアル宝探し」は、株式会社タカラッシュの登録商標。

■「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズ企画展概要
会期: 2019年4月18日(木)~5月12日(日)※毎週火曜は休館 
開催時間: 11:00~20:00(展示最終入場 19:30)
入場料: 企画展入場コース 1,000円(税込)
      宝探しコース    1,500円(税込)※企画展への入場料も含まれます。
会場: 東京アニメセンター in DNPプラザ  https://animecenter.jp
(東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNPプラザB1F
主催: 東京アニメセンター
協力: 株式会社タカラッシュ
公式サイト: https://animecenter.jp/exhibition/danmachi

<「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズ概要>
小説家・ライトノベル作家 大森藤ノ先生によるライトノベル。2014年10月にニコニコ生放送にてGA文庫10周年プロジェクト第一弾としてアニメ化が発表され、2015年4月から6月までTOKYO MX等で放送された。その後、2017年に外伝「ソード・オラトリア」、2019年に劇場版「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-」が公開された。2019年7月より「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」が放送される予定。