トッパン・フォームズ HF帯(NFC)とUHF帯の二つの周波数に対応したICタグを開発
2019年04月05日
トッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、短距離通信(HF 帯・NFC)と長距離通信(UHF 帯)それぞれの機能を1 枚に実装したIC タグ「2 周波数帯対応IC タグ」を新たに開発した。製造現場の工程管理や真贋判定など一つひとつのモノを個体管理する時に有効なHF 帯の特長と、棚卸しや在庫管理など複数のモノを一括で読み取り、管理する時に有効なUHF 帯の特長を兼ね備えたIC タグだ。
「2 周波数帯対応IC タグ」では、1 枚のIC タグで短距離・長距離両方の通信が可能なため、製品のライフサイクルにおける一連の利用シーン全てにおいて、IC タグの使い分けや付け替えをすることなく、一貫したトレーサビリティーデータのリアルタイム把握を実現し、製品ライフサイクルの見える化や最適化に貢献する。

【使用例】




従来、製造現場の工程管理や医療現場を中心に1 対1 で確実に通信するHF 帯IC タグが利用されてきたが、人手不足を背景に物流シーンで複数一括読み取り可能なUHF 帯IC タグの利用が増えている。また、製品に貼付済みのIC タグを物流管理や棚卸しにも活用することで、製品が消費者に届くまでのトレーサビリティーを効率的に取得したいというニーズが高まっている。
しかし、従来のHF 帯IC タグは数cm~数十cm の短距離での読み取りに限られるため、物流管理や棚卸しでの利用には適さず、必要に応じて別途UHF 帯を導入するなど複数の工程管理が混在しており、工程を越えて利用可能なIC タグが求められていた。
このたび開発した「2 周波数帯対応IC タグ」は、一つのIC チップにHF 帯とUHF 帯の二つのアンテナ回路が接続されており、それぞれの周波数に対応するリーダー・ライターでデータの読み書きが可能なため、製品に取り付けられたIC タグを付け替えることなく、工程間をまたいだ運用が可能になる。

【特長】
1. 1 枚のラベルでHF 帯(NFC)での近距離通信、UHF 帯での長距離通信の両方に対応
2. あらゆる製品に取り付けられるようにタグサイズ27mm×40mm に小型化
※上記サイズは標準仕様です。利用用途に応じてカスタマイズが可能。
3. NFC 対応スマートフォンやタブレット端末を使用したアプリケーション開発が可能

【今後の展開】
トッパンフォームズは、製造業や医療・医薬品分野を中心に、お客さまの利用用途に応じて2 周波数帯対応IC タグのアンテナ設計やアプリケーションの開発を進め、IC タグや読み取り用リーダーなど含め、2021 年度までに5 億円の売上を目指す。
なお、トッパンフォームズは2019 年4 月10 日~4 月12 日に東京ビッグサイトで開催される「第8 回IoT/M2M 展【春】」にて「2 周波数帯対応IC タグ」を展示する予定。
出展の詳細は以下のURL からご覧ください。
URL:http://rfid.toppan-f.co.jp/press/IoTM2M2019.pdf


アンテナパターン
(アンテナサイズ23mm×36mm)


UHF 帯周波数特性