DS・IJ枚葉印刷機において業界初の厚紙対応機能を開発
2012年03月01日

大日本スクリーン製造(京都市上京区)のメディアアンドプレシジョンテクノロジーカンパニーはこのほど、B2サイズ対応のフルカラーバリアブル枚 葉プリンティングシステム「Truepress JetSX(トゥループレス ジェット エスエックス)」において、最大0.6ミリまでの厚紙への印刷を可能にする新たな機能を開発。主にパッケージ業界への導入を目指し、オンデマンド印刷やバ リアブル印刷がもたらす付加価値ソリューションを提案していくことを発表した。
「Truepress JetSX」は、世界初のB2サイズ対応インクジェット枚葉印刷機として発表以来、その高い印刷品質はもちろん、印刷本紙への対応、両面印刷機構の搭載、環境対応など、常に業界の注目を集めてきた。
今回、多値ヘッドによる非接触印字技術と当社独自の用紙搬送技術を進化させ、最大で0.6ミリまでの厚紙に直接印刷できる機能を新たに搭載。紙器材料として最も普及しているコートボール紙やカード紙をはじめ、さまざまな厚紙への印刷を実現した。
この厚紙対応機能は、パッケージ業界では浸透していないオンデマンド印刷やバリアブル印刷の活用を一気に加速させるもので、シリアルナンバーや管理用 バーコードなどによるトレーサビリティー機能や、ギフト包装のパーソナライズ化など、パッケージの付加価値向上に大きく貢献する。
また、機械部品、薬品、医療機器などの業務用パッケージ分野においても、多品種小ロット・在庫レスといった製造業界のニーズに対応。特色を容易に表現できるカラーマネジメント機能を搭載している。
さらに、独自の水性顔料による安全性、耐候性に加え、ニスコートやラミネート加工との相性にも優れているため、パッケージをはじめ厚紙を使ったさまざまな紙製品に対して、従来の概念を超えるインクジェット枚葉印刷機ならではの付加価値が提供できるようになる。