凸版印刷 超高精細・高品質4K映像を家庭のテレビへ配信する新サービスの実証を開始
2019年03月11日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)と、ブロードバンドタワー(東京都千代田区、藤原洋代表取締役会長兼社長CEO)及び、ブロードバンドタワーの連結子会社であるジャパンケーブルキャスト(東京都千代田区、大熊茂隆社長)は、超高精細・高品質4K映像によるヒーリング効果や集中力の向上が期待できる、新たな映像配信サービスの提供に向けて、実証実験を2019年3月11日より実施する。
 凸版印刷が2015年より提供しているオリジナル高品質4K映像コンテンツと、ブロードバンドタワーの5Gに対応したデータセンターを核とする幅広いIT技術、並びにケーブルキャストの有する全国規模の情報配信ネットワークを活かした日本全国のケーブルテレビ局へのリーチ力を組み合わせ、超高精細・高品質4K映像を家庭用4K対応テレビへ配信するサービスの提供を目指す。3社は同認証にあたって、ケーブルテレビコミュニティチャンネルの4Kハイブリッドキャスト上でのビデオ・オン・デマンド配信を想定し、検証を実施する。


同サービス使用時の空間イメージ


 昨今、空間のデザイン要素に「人間の健康」という視点を加え、自然環境を取り入れたバイオフィリックデザインや、WELL認証といった建物の住環境を評価するシステムなどが、世界的な広がりを見せている。また、2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、2018年12月より新4K8K衛星放送が開始された。これにより今後、4K対応テレビの普及が見込まれると同時に4Kコンテンツの活用ニーズも高まることが期待されている。

 このようなトレンドを受け、3社は、凸版印刷オリジナルの超高精細・高品質の風景映像など、ヒーリング効果の期待される4K映像を家庭用4K対応テレビ向けに配信するサービスの提供を目的に、実証実験を開始する。同実証を通じ、一般的な放送番組視聴とは異なり、テレビ画面が空間に溶け込むインテリア性や自然風景の再現による、住環境の質を向上させるサービスの提供を目指す。また超高精細・高品質4K映像は、データ容量も従来に比べ格段に増大する。同実証実験を機に、ケーブルキャストはケーブルテレビ向け4K配信プラットフォーマーとして、ブロードバンドタワーは新データセンターの利活用の検討を含め超高精細・高品質4K映像配信を支援していく。


ケーブルテレビハイブリッドキャストを利用した場合のシステムイメージ


■同サービスの特長
・高いヒーリング効果のあるトッパンオリジナル超高精細・高品質4K映像が家庭の4K対応テレビで視聴可能
 心拍変動解析などによる効果検証の結果、超高精細・高品質4K映像コンテンツは、ただ休息する場合に比べ、迅速にストレスを軽減させる効果があることが「Natural Window」で確認されており、本サービスでも休息効果の向上や家事などの作業効率向上といった効果が期待できる。

・多様で充実したコンテンツ
 5万ショットを超える多彩で豊富なトッパンオリジナル超高精細・高品質4K映像コンテンツを配信予定。時間帯や季節との連動を可能にする充実したコンテンツ群を、生活者のニーズに合わせて配信することで、よりリアルな空間演出を目指す。

・ハイブリッドキャストによる配信で、スマートフォンやスマートスピーカーとの連携が可能
 市販のハイブリッドキャスト対応4Kテレビで視聴可能なビデオ・オン・デマンド型のサービスを予定。また、スマートフォンからの視聴操作やスマートスピーカーによる起動など、様々なデジタルデバイスと連携したサービス展開も可能。

■今後の目標
 今後3社は、サービスのブラッシュアップ並びに各種効果検証やケーブルテレビ事業者と連携した4K映像配信手法、サービス提供手法等について開発・調整を進め、2019年度中のサービス開始を目指す。