全印工連・ダイバーシティ推進委員会 下期地区協で来期の課題を議論
2019年03月07日
3月1日に開催された関東甲信越静地区印刷協議会、東京地区印刷協議会の平成30年度下期定例会で理事長会・分科会が行われた。その中でダイバーシティ推進(小野綾子座長)では、2月27日に開催された全印工連・ダイバーシティ推進委員会主催セミナー「ダイバーシティ&インクルージョン:組織力を活かして働き方改革を進めましょう」(講師:宮城県仙台市・ユーメディア取締役 今野彩子氏)を中心に感想を述べ、来期の課題について議論した。
 ダイバーシティ推進は全ての県工組にあるわけではない。全印工連のダイバーシティ委員会(小野綾子委員長)の小野委員長(東印工組)を始め、古木直人副委員長(神奈川工組)、武智美樹副委員長(東印工組)、今井孝治委員(東印工組)、清水朋子委員(東印工組)、地方から本田直子委員(宮城工組)、岩間奏子委員(山形工組)、鈴木裕香委員(大印工組)、東淑恵委員(宮崎工組)の他、渋木理俊埼玉工組副理事長、松下誠二静岡工組理事が同席した。
 主催セミナーにはダイバーシティ委員会の9名をはじめ29名が参加。ユーメディアは積極的な改革を行い、その取り組みの成果として経済産業省の「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定された。セミナーでは同社が働き方改革に取り組んだ経緯や改革までの道程について話した。
同分科会で、セミナーを聞いた感想を各々が述べた後、今後の課題について「インクルージョンをどのように定義すればいいのか。ダイバーシティ+インクルージョンで新たな方向で進めていくが、事例を踏まえてセミナーを開催していく」と示した。
 今期のダイバーシティ推進委員会では、「ダイバーシティ経営」のアンケート、9月26日と2月27日セミナー開催、全印工連の機関紙『日本の印刷』にダイバーシティ・マネジメントに取り組む企業を連載するほか、先進的にダイバーシティを推進している組合企業の見学会を9月14日(長野県・亜細亜印刷、渋谷文泉閣)、11月16日(愛媛県松山市・佐川印刷)の見学会を行った。