大日本印刷 バーチャルキャラクターが店舗で接客するサービスを開発
2019年03月05日
大日本印刷(DNP、北島義斉社長)は、エクシヴィが開発したVR技術を用いてバーチャルキャラクターがリアルタイムに接客できるシステムを活用し、バーチャルキャラクターが小売店舗や商業施設などで、接客やデモンストレーションを行うサービスのプロトタイプを開発した。




近年小売業界では、人手不足が深刻な課題となっており、店舗で接客を行う販売員の雇用確保が難しくなっている。また多くの生活者が電子商取引(EC)を利用するなか、リアルな店舗の売場では、実際の商品に触れたり、試したりするような“コト体験”を生活者に訴求し、ECとの差別化を図ることなどが求められている。
こうした課題に対してDNPは、最近ソーシャルメディア(SNS)等に投稿される動画で、製品やサービスなどを紹介するバーチャルキャラクターが人気となり、ネット上やリアルなイベントでも多く活用されていることに着目し、このバーチャルキャラクターを遠隔操作して小売店舗や商業施設などで接客やデモンストレーションを行うサービスのプロトタイプを、エクシヴィと共同で開発した。
【サービスの概要と特長】
同サービスは、VR(仮想現実:Virtual Reality)技術でバーチャルキャラクターと、これを操作する人物の動きをシンクロ(同期)させ、オフィスや自宅などの遠隔地からキャラクターを操作し、ディスプレイに表示し、商品紹介などの接客やデモンストレーションを行う。
その特長は以下の通り。
〇バーチャルキャラクターによる接客・デモンストレーションを通じて、ECサイトでは得られない“コト体験”を提供し、商品の特徴や魅力を効果的に伝える。
〇DNPが開発した透明スクリーンを使用し、明るい場所でも空中に鮮やかな映像が浮かび上がるような演出を可能とすることで、より臨場感のあるサービスが体験できる。
〇遠隔でバーチャルキャラクターを操作するため、在宅勤務者等を含め、接客を行う販売員を比較的容易に確保できます。また、複数の施設や店舗で接客サービスを提供することができる。
〇DNPクリエイター共創サービス「FUN’S PROJECT」と連動することで、今後、クリエイターとバーチャルキャラクターを作りたい企業のニーズをマッチングし、より導入しやすくなるよう、同サービスの付加価値を高めていく。

【サービスの流れ】
1.バーチャルキャラクター(3D)の制作
2.キャラクターの動きと操作用のセンシングデバイスの設定
3.キャラクターを操作する人のキャスティング
4.店舗に、映像を表示する透明スクリーンや設置用什器などをセッティングし、運用を開始

【今後の展開】
DNPは、小売業界や日用品・食品メーカーなどと共同で、店舗での検証やマーケティング調査を行う。2019年春にサービスを開始する予定。

なお3月5日(火)~8日(金)に東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN2019」のDNPブースに同サービスを展示する。

【株式会社エクシヴィについて】
株式会社エクシヴィ 代表取締役社長:近藤義仁 本社:東京都中央区
2010年創業。パソコンやインターネットが生活の中に溶け込んだように、VR技術も生活を豊かなものに変え、無くてはならない存在になると確信し、2013年から日本にコンシューマーVRをいち早く広める。「すべての人々を、ストレスフリーに」を企業理念とし、ビジネスからエンターテイメントまで生活に浸透するVR/AR技術のソリューションを提供する。
http://www.xvi.co.jp/