SOPTECとうほく2019 7月5日・6日開催、出展募集中。締め切りは5月17日
2019年02月10日
東北地区印刷協議会(青森、岩手、秋田、山形、福島、宮城県印刷工業組合)、SOPTECとうほく2019実行委員会主催のSOPTECとうほく2019が7月5日・6日の二日間、仙台卸商センター産業見本市会館「サンフェスタ「」で開催される。テーマは、“印刷業は「TOKYO2020」後をどう生きるか?”
 東京オリンピック・パラリンピック後に訪れるとされる経済の落ち込み、目前に迫る消費増税、急速な人口減少など、地方の中小企業の生き残りはまさに正念場を迎える。諸課題を見据え、そのような強靭な組織を作るかが問われている。顧客の課題解決、業務プロセスを支援するための様々なノウハウを提案してほしい。
 現在、(1)展示ゾーン、(2)出展者企画ソリューションセミナー、(3)主催者企画ソリューションセミナーの協賛、(4)SOPTEC見どころツアー、(5)個別企業プレゼンテーションエリアで出展を募集している。出展申込みの締め切りは5月17日。
 問い合わせはSOPTECとうほく2019実行委員会事務局(宮城県印刷工業組合内)電話022-284-7586まで。