凸版印刷 ZETAを活用しAIによる医療施設向け見守りサービスを開発
2019年01月10日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、LPWA(低消費電力広域ネットワーク)規格ZETA(ゼタ)を活用し、センサー検知とAIにより病院内施設のトイレやシャワー室・お風呂などの個室における転倒や利用状況などを可視化できる医療施設向け見守りサービス(以下、同サービス)を開発した。
 2019年1月初旬より、医療機器の輸入・販売を手掛けるメッツ(東京都足立区、福田充宏社長)協力のもと、埼玉県総合リハビリテーションセンター(埼玉県上尾市、丸山徹センター長)の個室トイレで実証実験を開始する。
 同サービスは、医療施設のトイレやシャワー室・お風呂などの個室内に人感センサー・開閉センサーなどを組み合わせて設置し、利用者の動きや扉の開閉状況を検知することで、転倒などの利用状況の把握ができる。センサーで検知した情報はクラウド又はオンプレミス上に蓄積され、ナースステーションなど別の場所に設置されたPC上で確認が可能。ZETAの活用により、ワイヤレス医療機器などに使用される既存の通信帯域と異なる帯域での通信が実現するため、診療や看護に支障をきたさず電波干渉を防ぐことができ、医療施設内での導入に適している。

 また、AIを活用することにより蓄積された緊急時の検知パターンを学習し本サービスの精度を高め、緊急時の早期発見を可能にする。従来、外から状況を把握することが困難であった医療施設内の個室において、患者の体調急変につながるインシデントや個室の長時間利用の把握を実現する。


医療施設向け見守りサービス(トイレの場合) © Toppan Printing Co., Ltd.



■ 開発の背景
 2018年度の介護報酬改定により、見守り機器を導入することで関連施設の夜間駐在の人員削減が可能になったことを背景に、医療施設における見守り機器の需要が増え、導入検討が進んでいる。
 しかしながら、医療施設ではネットワーク通信を利用した多くの機器が使用されており、電波干渉の影響がネックとなっており、新たな機器の導入は課題となっている。
 このたび、凸版印刷は医療施設内でも、特に見守りが行き届きにくいトイレやシャワー室・お風呂などの個室における見守りサービスを開発。複数のセンサーにより利用者の転倒検知などを可能にし、LPWA規格ZETAを活用し医療機器との電波干渉の可能性が少なく、クラウド上又はオンプレミスで情報を管理・確認できる見守りサービスの提供を実現した。

■ 同サービスの特長
・医療機器と電波干渉がしにくいZETAを使用
 ZETAの920MHzの通信帯域は、ワイヤレス医療機器などに使用される事が多い既存の通信帯域(2.4G、5G)と異なり、医療施設内での電波干渉を防ぐことができ、セキュリティ性が高く安定した無線通信を実現する。また、ZETAでは「中継器によるマルチホップ(メッシュアクセス)」が可能となる為、施設の奥まった箇所や地下など電波が届きにくい箇所に対しても、中継機を活用する事で施設全体をカバーできる。
・AIを活用し、緊急時の早期発見を実現
 車椅子利用などが多い医療施設内の個室環境に対応し、AIを活用した緊急時の検知パターンを蓄積・学習させることで同サービスの精度を高め、緊急時の早期発見を実現する。
・個人情報を取得せずトイレ内の状況を検知
 カメラやサーモグラフィなどは使用せず、個人情報を取得しないセンサーを複数組み合わせる事で、状況を検知するプライバシーに配慮したIoTセンシング技術を採用している。

■ 今後の目標
 凸版印刷は同サービスの技術検証を進め、2019年春からサービスの提供を開始し、2020年度に関連サービスも含め約10億円の売上を目指す。また将来的にはトッパンIoT建材シリーズとも連携し、医療施設だけでなく、個人宅での見守り用途や商業ビルにおける施設管理などにも用途を拡張し、展開していく。