凸版印刷 金子眞吾社長 2019年年頭挨拶(要旨抜粋)
2019年01月07日
  新年あけましておめでとうございます。
 現在、世界はIoT、AI、ビッグデータなどの新しいICT(情報通信技術)がもたらす変革、いわゆる「デジタルトランスフォーメーション」が、世界を席巻し、産業や社会を大きく変えようとしています。まさに「第4次産業革命の真っ只中」と言える状況で、あらゆる分野で従来の産業構造を一新するような動きが加速しています。この大きな潮流は今年も続き、さらなるスピードで社会に大きな変革を引き起こすでしょう。
 2019年は、私たちトッパングループもこの大きな変革をしっかりと見据えて、次代を切り拓く新しいビジネスモデルを創出していかなければなりません。

そこで2019年の経営スローガンを
 「新・創生」
 デジタル変革をチャンスと捉え、次代のマーケットを開拓し、新たに価値を生み出す。
としました。

 トッパングループが将来に渡って持続的に成長を続ける企業になるには、まさに今が「変革と創生」の時です。2019年はトッパンの「新・創生」に向けて、さらなる一歩を踏み出す前進の年にしたいと思います。
 中期経営計画では、本年からの3カ年をトッパンならではのデジタル変革「トッパン・デジタルトランスフォーメーション(以下T-DX)」を徹底的に推進し、着実に実現する期間として設定しています。T-DXとは、お客さまのデジタル変革を支援することを第一歩とし、デジタルサービスの事業拡大と製造プロセスのデジタル化による競争力向上など、トッパンの事業を「デジタルを起点として」変革する、という基本的なコンセプトのことです。T-DXを積極的に進め、デジタルビジネスが早く収益の柱になるよう、全社員一丸となって全身全霊で取り組んでください。
 一方で既存のビジネスもおろそかにしてはいけません。競争力のある商材開発に向けて研究・開発を進めるとともに、低収益事業については構造改革を断行し、資本効率を向上させる必要があります。
 これらを実現していくために、皆さんにお願いしたいことがあります。
 第一に、「安全(Safety)」です。Q(Quality:品質)、C(Cost:費用)、D(Delivery:納期)は当然重要ですが、言うまでもなく「安全(Safety)」が最も大切です。安全で安心して働ける職場づくりに全員で取り組んでください。
 第二に、「コンプライアンスの徹底」です。法令はもちろん、様々なルールの遵守は、社会から信頼され、尊敬される企業として持続的に成長していくために絶対に必要なものです。社員一人ひとりが自分自身との闘いであるという強い意識、心構えを持ってください。
 第三に、「連携」です。産業のボーダレス化が進むなかで、これまで以上に他部門やグループ会社との垣根を取り払い、連携を深めていくことが重要です。新しい発想や従来とは異なった切り口によるグループ間連携に磨きをかけ、新たな価値を創造してください。
 来年2020年はいよいよ創立120周年です。今年は、トッパングループが「新・創生」という新たなステージ向けて、全社一丸となって進化と飛躍を遂げる一年にしていきましょう。


金子眞吾社長