凸版印刷 「トッパンIoT建材」新製品、体組成計を組み込んだ床材を開発
2018年12月12日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、1956年より建装材印刷事業を開始し、60年以上に渡って意匠性や機能性、環境適性に優れた建装材を提供している。また、建装材に各種センサーなどIoT機器を組み合わせることで、居住者の見守りなどの社会課題解決に貢献するまったく新しい建装材を提供する「トッパンIoT建材」事業を展開している。
 このたび凸版印刷は、「トッパンIoT建材」シリーズの新製品として、体組成計と床材を組み合わせ、日常的にさりげなく身体情報を取得できる「ステルスヘルスメーター」を開発。2018年12月中旬より、不動産事業者や住宅メーカー、医療・介護業界などに向けて販売を開始する。

 同製品は、凸版印刷の建材製造技術を用いて体組成計を組み込んだ、健康管理ができる床材。床材であるため、測定するたびに機器の出し入れや設定をする必要がなく、日常生活の中で自然に体重・体脂肪率などの身体情報を継続して取得できる。その情報はスマートフォンなどの情報端末で閲覧することが可能で、生活者自身の健康管理に役立つ。また、高意匠な色柄の床材で空間デザインを損なわない。

 なお同製品は、2018年12月12日(水)から14日(金)まで開催されるイベント「住宅・ビル・施設Week 2018」(会場:東京ビッグサイト)の凸版印刷ブース(東7ホール・小間番号:13-15)にて展示する。


「ステルスヘルスメーター」利用イメージ


 近年、生活者の健康意識の高まりを受け、より健康な身体をつくる生活習慣の改善や日常的な健康管理への注目が高まっている。
 凸版印刷は、2016年に環境デザイン事業部を新設。従来展開している建装材のモノづくりにとどまらない、住空間やまちづくりなどにつながるトータルソリューションを展開している。
 このたび、凸版印刷がこれまで培ってきた空間デザイン力に最新のIoT機器を組み合わせて、生活者がストレスなくより自然に身体情報を取得できる仕組みとして、同製品を開発した。

■ 「ステルスヘルスメーター」の特長
・日常生活の中でさりげなく身体情報を測定
床材と体組成計を一体化させた同製品は段差がなく、測定するたびに機器の出し入れや設定をする必要がない。洗面所などの日常動線に設置することで、手洗いや歯磨き時など日常生活を送る中でさりげなく体重・体脂肪率などの身体情報を継続して取得することができる。
・空間に溶け込むデザインを実現
空間に溶け込む絵柄のため空間デザインを損なわない。絵柄は凸版印刷が開発した耐水性に優れた高意匠床材のラインアップから提供する。

■ 「ステルスヘルスメーター」の価格
約6万円~
(※460mm×460mmサイズの床材の提供価格、設置費用・システム構築費などは別途見積)

■ 今後の目標
 凸版印刷は本製品を、不動産事業者や住宅メーカー、医療・介護業界などに向け販売を開始、IoT建材事業全体で、2025年までに約100億円の売上を目指す。
 また今後、日々の身体情報を蓄積・分析することで食生活や運動のアドバイスを提供するオリジナルアプリを開発するなど、生活者の健康の維持や改善をサポートするサービスを充実させ、「普段の生活の中で健康になれる住まいづくり」を目指す。