凸版印刷 「トッパンIoT建材」シリーズ新製品、ディスプレイ機能を持つ壁材を開発
2018年12月12日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、1956年より建装材印刷事業を開始し、60年以上に渡って意匠性や機能性、環境適性に優れた建装材を提供している。また、建装材に各種センサーなどIoT機器を組み合わせることで、居住者の見守りなどの社会課題解決に貢献するまったく新しい建装材を提供する「トッパンIoT建材」事業を展開している。
 このたび凸版印刷は、「トッパンIoT建材」シリーズの新製品として、ディスプレイと化粧シートを組み合わせ、住空間において家族や地域の情報を受信・表示できる壁材「インフォウォール」を開発。2019年夏より、不動産事業者や住宅メーカー、商業施設などに向けて販売を開始する。

 同製品は、凸版印刷の建材製造技術を用いてディスプレイと化粧シートを組み合わせ、それ自体が生活に役立つ情報を伝える壁材。ネットワーク経由でクラウドサーバから取得した家族のスケジュール・メッセージや、天気などの地域情報を表示することができるため、住空間における家族のデジタル伝言板などとして活用でき、家族間のコミュニケーションを促進する。また生活者の目に留まる場所にあっても、情報を表示していない間は通常の壁として生活に馴染むため、空間デザインを損なわない

 なお同製品は、2018年12月12日(水)から14日(金)まで開催されるイベント「住宅・ビル・施設Week 2018」(会場:東京ビッグサイト)の凸版印刷ブース(東7ホール・小間番号13-15)にて展示する。



 「インフォウォール」製品イメージ


 近年は核家族化や夫婦の共働きにより家族団らんの時間が減少しているとともに、個人がスマートフォンなどの情報端末を所有することにより、夫婦間や家族間のコミュニケーション不足が問題となっている。また、価値観の多様化により生活スタイルが変わるとともに、家に求められる機能も多様化している。
 凸版印刷は、2016年に環境デザイン事業部を新設。従来展開している建装材のモノづくりにとどまらない、住空間やまちづくりなどにつながるトータルソリューションを展開している。
 このたび、凸版印刷がこれまで培ってきた空間デザイン力に最新のIoT機器や情報処理技術を組み合わせ、住空間での家族間の効果的なコミュニケーションを支援する本製品を開発した。

■ 「インフォウォール」の特長
・住空間でのコミュニケーションを支援
家族の集まるリビングやマンション共有部など生活動線に本製品を設置し、デジタル伝言板のように使用して地域やコミュニティの情報をタイムリーに共有するなど、家族間や居住者間でのコミュニケーション促進の効果が期待できる。
・日常生活に溶け込みながら、効果的な情報伝達が可能
表示がオフになっているときは通常の壁として生活に馴染み、空間デザインを損なわない。また、生活者が必要とするタイミングで壁に情報が表示されるというコントラストが注意を促し、効果的な情報伝達が期待できる。

■ 「インフォウォール」の想定価格
約100万円~
(※2,000mm×1,000mmサイズの壁材の提供価格、設置費用・システム構築費などは別途見積)

■ 今後の目標
 凸版印刷は同製品を、不動産事業者や住宅メーカー、商業施設などに向け拡販、本製品を含むIoT建材事業全体で、2025年までに約100億円の売上を目指す。
 また、2018年12月下旬より、凸版印刷が提供している夫婦コミュニケーションアプリ「ふたりの®」と本製品を組み合わせ、夫婦それぞれで登録した予定などの情報を壁面に表示し、夫婦間のコミュニケーションを支援する実証実験を実施する予定。
 今後、「ふたりの」を皮切りに、自社メディアサービスの「Shufoo!(シュフー)®」やマピオンが提供する「Mapion(マピオン)®」に加え、外部コンテンツとも連携することで発信情報の拡充を目指します。