凸版印刷とQurate SNSマーケティングを最適化できる管理・運用サービスを開発
2018年11月27日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の開発を行うQurate(福岡県福岡市、Tom Brooke  CEO)と協業し、企業のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)マーケティングを最適化する管理・運用サービスを開発した。2018年12月からトライアル版の提供を開始し、2019年2月に正式販売をする予定。
 同サービスは、企業が運用する各種SNSでの情報発信や投稿内容を一元管理するとともに、投稿への反応を統合的に分析でき、効率的なデジタルマーケティングを実現する。具体的には、複数プロジェクトで発信情報の一元管理や、複数SNSの同一画面分析、権利者による投稿管理などが可能です。これらの機能を利用することで、煩雑だった管理・分析業務の効率化や複合的なデータを使用したマーケティング支援が実現できる。

 なお同協業は、凸版印刷が2017年度に実施した、九州の地域活性化や魅力の拡大に貢献する新事業を共創する公募型のオープンイノベーションプログラム「co-necto(コネクト)」を通じ実現したもので、Qurateは2017年度に最優秀賞を受賞している。


■ 同サービス開発の背景
 あらゆるものがデジタルでつながり、継続的な成長や持続可能な社会を実現するデジタルトランスフォーメーションが注目され、デジタルマーケティング分野におけるビッグデータの活用にも、より一層の期待が集まっている。そのような中で、企業は事業活動で得られるビッグデータを収集するだけでなく、そのデータをいかに解析し、次の事業活動に活かしていくかが、他社との差別化においても重要になっている。

 今回、凸版印刷が持つBtoBマーケティングにおけるノウハウと、Qurateが持つコンテンツマネジメントシステムの開発のノウハウを融合することにより、同サービスを開発。企業のSNSマーケティング力の最大化に貢献する。


■ 同サービスの特長
・各種SNSへの投稿を一括で管理
予約投稿機能により、決まった日時にSNS投稿できる。また、投稿承認機能により権限をメンバーに付与することで、投稿者と承認者の一元管理が可能




・分析機能で各種SNSの状況をまとめて確認
傾向分析により、特定の期間における最新状況や、各投稿に対する反応を時系列でグラフ化し視覚的に分かりやすく表示できるため、投稿をした各種SNSの状況をまとめて確認できる。




・メディア管理機能で複数のコンテンツの一括管理が可能
画像管理機能により、各種SNSに投稿する画像を一か所に集約できるため、複数人の運用で分散しがちな画像データを一括管理・利用でき、作業効率が向上する。




■ 想定価格
初期費用 10万円、月額利用料 5万円/月  (※価格は仕様により異なる。)


■ 今後の目標
 凸版印刷とQurateは、同サービスをメーカーや流通関連企業向けに拡販、2020年度に関連受注を含め約10億円の売上を目指す。


■ Qurateについて
 デジタルマーケティング分野における次世代のプラットフォーム開発を行うIT企業。企業の持つコンテンツをWebサイトやアプリ、ソーシャルメディアなど多種多様なプラットフォームに連携させることが可能であり、また、逆にコンテンツをキュレーション(収集)することも可能なコンテンツ・マネジメント・システムプラットフォームを開発している。また、Qurateは福岡市トライアル優良商品認定事業に採択されており、都道府県・政令市初となる「スタートアップ支援のための随意契約要件の緩和」を活用した契約も福岡市と締結している。
URL:https://www.qurate.com/