トッパン・フォームズ ベトナムでIC カード利用共通化実証事業を開始、日本のFeliCa方式で実施
2018年11月05日
トッパン・フォームズ(以下トッパンフォームズ)は、「ベトナムでのIC カード利用共通化促進キット活用実証事業(以下本実証事業)」を、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)から業務委託を受け、2018 年11 月から技術検証を開始する。
こちらは「日ASEAN 新産業創出実証事業」の第三回公募の採択案件の一つとしてホーチミン市、ハノイ市で実施され、日本で交通系IC カードや電子マネーとして広く普及する「FeliCa」タイプのIC カードを利用し、ベトナムで初めてのIC カード利用共通化(当社調べ)に取り組む。

ベトナムでは、現金決済比率が未だに高いながらも、経済発展に伴い電子決済のニーズが拡大している。その結果、各事業者がそれぞれIC カードを発行し、さまざまな規格が乱立しているのが現状だ。同実証事業は、そのような状況下で共通化の実現性検証のためにIC カード利用共通化促進キットを構築・提供し、事業者・利用者の潜在的なIC カード利用ニーズを顕在化することを目的にしている。レストランやスーパーマーケット、ガソリンスタンドなどでの実施を予定し、決済インフラの利便性向上へとつなげていく考え。

現在ベトナムでは電子決済ニーズが拡大しており、今後さらなる拡大が想定される。そのため、電子決済拡大に向けた効率的なシステム構築を実現するためのデファクト化や改善点抽出などを行うために「日ASEAN 新産業創出実証事業」として実施する。

【今後の展開】
トッパンフォームズは、ベトナムのETC 向けプリペイドIC カードや香港の公共交通機関などで利用可能なオクトパスカード、国際ブランドのクレジットカードなどで多くの製造・納入実績がある。この実績に基づくノウハウやアジア圏の高いセキュリティ体制を誇る製造拠点などを活かし、ベトナムの電子決済におけるインフラ整備に貢献していく。さらに、日本の技術を活用した電子決済インフラの構築により、日系企業のベトナムへの進出や関連機器メーカーへの市場形成などを後押しできると考えている。
またベトナムだけでなく、アジア圏を中心に各国のキャッシュレス化や各都市のスマートシティ構想の動きに合わせて事業の拡大を目指す。

なお、同実証事業は、11 月のASEAN 首脳会議(於シンガポール)に合わせて開催される「ASEANBusiness and Investment Summit (ABIS)」(11月12日~13日)に設置されるJETROのJapanPavilion でパネル展示にて紹介される予定。