モリサワ・ビジネス文書作成向けUDフォントソリューションを販売開始へ
2018年10月09日
 株式会社モリサワ(森澤彰彦社長)はこのほど、ビジネス文書作成向けのUDフォントソリューション「MORISAWA BIZ+(モリサワビズプラス)」を10月24日より販売開始することを発表した。
 「MORISAWA BIZ+」は、ビジネスシーンのあらゆるドキュメントやコンテンツの作成にユニバーサルデザイン(UD)フォントの利用を提案する新しいサービス。読みやすさのエビデンスがあり、商業印刷をはじめ、幅広く使用されているモリサワのUDフォントをWord・Excel・PowerPointでも使いやすい仕様で提供する。
 書体ラインナップは、報告書やプレゼンテーション資料、掲示物などで幅広く利用できるベーシックなゴシック体と明朝体、優しい雰囲気の丸ゴシック体、グラフや表組みなど小さなスペースに最適なコンデンス書体、学習教材や丁寧に伝えたいコンテンツに有効な教科書体など43書体を揃え、より伝わりやすい文書作成をサポートする。
 価格は1ライセンス年契約3600円、月契約300円(いずれも税別)となっている。
※MORISAWA BIZ+について詳しい内容はこちらから ※