凸版印刷とサイバーエージェント 「リアルいいね!」プロモーションで協業
2012年03月05日

凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)と、サイバーエージェント(東京都渋谷区、藤田晋社長CEO)は、凸版印刷が開発した 次世代プロモーションシステムを活用した「リアルいいね!」プロモーションで協業した。両社は共同でプロジェクトチームを発足し、商業施設や流通企業など に向け、本プロモーションの販売を2012年3月上旬より開始する。

凸版印刷が2011年11月に提供開始した次世代プロモーションシステムは、NFCとスマートフォン、ソーシャルメディアを活用する。ユーザーの Facebookアカウント情報を登録したICタグを、展示会などのオフラインの場に設置したNFCリーダーにかざすことで、ユーザーのFacebook 上に"いいね!"が送信される。商品の画像や商品名、価格、説明、URLなどとともに"いいね!"情報をFacebookのページへ表示させることで、 ユーザーの友達にまで共有・伝播が可能なため、本システムを活用する「リアルいいね!」プロモーションでは高い宣伝効果が期待できる。
このたびの協業に伴い発足させたプロジェクトチームでは、凸版印刷が次世代プロモーションシステムやICタグの提供、販促物の制作などを行い、サイバー エージェントが「リアルいいね!」プロモーションの企画立案および実施を担当する。企業は販促活動や広告展開において、商業施設や店舗、イベントスペース などのオフライン展開と、ネット上でのオンライン展開をシームレスに繋ぐことができ、「O2O(オフラインtoオンライン)」を実現する新しい販促活動や 広告展開が可能となる。

また、同プロジェクトの第1弾として、2012年3月2日にサイバーエージェントが開催したブロガーイベント「AmebaGG Beauty College」では、次世代ショーウィンドウをコンセプトにした「リアルいいね!」プロモーションの体験型企画ブースを設置し、来場した「Ameba」 の女性ブロガー500名が、実際に「リアルいいね!」プロモーションを体験した。
さらに、2012年3月6日から9日に開催される「リテールテックJAPAN 2012」(会場:東京ビッグサイト、主催:日本経済新聞社)のトッパンブースでは次世代プロモーションシステムを紹介する予定。

【今後の展開】
両社は今後、商業施設や店舗、企業のイベントなどでの「リアルいいね!」プロモーションの提供を進め、2012年中に30件の導入を目指す。