JAGAT  「「AI×ビジネス」創出を考えるカンファレンス2018」を8月23日開催
2018年08月13日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2018年8月23日(木)にビジネスとAIとの関わりを考えるイベント「「AI×ビジネス」創出を考えるカンファレンス2018」を開催する。
新たなイノベーションやビジネスを生み出す原動力として人工知能(AI)の重要性が増し、業種や規模に関らずAIを活用するのが当たり前になってきている。今回は「これからAIを理解し、ビジネスで活用していきたいと考える企業」に向けて、AIについてまず何を理解し、何をすればよいかを考えるためのカンファレンスを開催する。
スピーカーとして、AI教育を手掛けるキカガク吉崎亮介氏、AIと企業を繋げるプラットフォームを運営するリトルクラウド神原太郎氏の20代経営者に加え、テクノロジー分野で多数の著作を持つコンサルタント 小林啓倫氏、海外動向に詳しいデジタルハリウッド大学 橋本大也氏が登壇。「自社のビジネスにどう生かせばいいか」「人材をどうやって育成すればいいか」「今できることは何か」といった切り口で、企業がこれからAIとどう付き合うべきかについてディスカッションする。
AIをビジネスに活かしたい方、どんな可能性があるのかを知りたい方にお勧めだ。

■ 開催概要
期日:2018年8月23日(木) 16:30-18:00予定
会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11
参加費:一般5,000円(税込)、JAGAT会員・印刷総合研究会メンバー無料
なお、同カンファレンスは、「JAGAT Summer Fes 2018(夏フェス2018)」の特別カンファレンスとして開催する。
※セミナー詳細はWebをご参照ください。 https://www.jagat.or.jp/cm2018_aiconf