大日本印刷 「DNPモバイルWalletサービス」の機能を拡張、「みずほWallet」に採用
2018年08月01日
大日本印刷(DNP、北島義斉社長)は、決済やポイント等のサービスをスマートフォンで一元管理するクラウド型の「DNPモバイルWallet(ウォレット)サービス」を機能拡張し、株式会社みずほ銀行が提供するiOS用「みずほWallet」アプリケーションに採用された。2018年8月1日にサービスを開始する「Mizuho Suica」は、iOS用「みずほWallet」アプリケーションで即時に発行できるヴァーチャルな電子マネーカードで、iPhoneのWalletアプリケーションまたはみずほ銀行の口座から即時にチャージ可能。

【iOS用「みずほWallet」アプリケーションの概要と特長】
「みずほWallet」アプリケーションでは、口座の残高や取引明細の確認など、みずほ銀行のさまざまなスマートフォン向けサービスに、ワンタッチで簡単にアクセスできる。今回の機能拡張で、みずほ銀行の口座を持つ生活者が、iOS用「みずほWallet」アプリケーションの口座の振替設定を行うだけで、即時に「Mizuho Suica」が発行できます。「Mizuho Suica」は、駅の券売機やコンビニ等での現金チャージ、iPhoneのWalletアプリケーションを利用したクレジットチャージに加え、みずほ銀行の口座から直接チャージ可能。キャッシュレス決済をもっと手軽に行いたいという生活者ニーズに応えて実現した。

■DNPモバイルWalletサービスの特長
●各種決済やポイント、クーポンなどのさまざまなサービスが、一つの財布(ウォレット)のように共通のユーザーインターフェースで利用・管理できる。
●複数のサービスの一元管理機能に加え、各サービス間の連動を可能にする。
●NFC(Near Field Communication)やFeliCa、二次元バーコード、一次元バーコード、BLE(Bluetooth Low Energy)など、さまざまなインターフェースを使用したサービスに対応可能。