日印産連 IGAS2018にJPEX (Japan Printing Exhibition) ブースを出展
2018年07月05日
  (一社)日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)は、加盟10団体と共同で7月26日(木)~31日(火)まで東京ビッグサイトにて開催される日本最大の印刷機材展IGAS2018にJPEX (Japan Printing Exhibition) ブースを出展するとともに、FAPGA国際印刷フォーラムを開催する。
 JPEX (Japan Printing Exhibition)ブースは、ガレリア会場と東2-11会場の2つに設営され、ガレリア会場ではカレンダー、カタログ、造本装幀、パッケージ、シールラベル、メディアユニバーサルデザインなどの各分野におけるコンクールの優秀作品を中心に展示を行う。幅広い分野の、優れた印刷製品を一堂に見ることができる。
 東2-11会場では4つのコーナーを設け、印刷産業の「広がり」、「取り組み」、「情報発信」、「コンテスト」を紹介する。明治の初期に出版から始まった近代印刷は、その成長の枝葉を広げ、今では想像もつかない幅広い分野へと成長している。印刷業界の中にいても知らない分野があるかもしれない。是非「印刷産業の広がり」で、それを見てほしい。
 また今日、国連の推進するSGDs(持続可能な開発目標)が注目を集めているが、印刷業界は早い時期から環境への取り組みや、CSR、女性活躍など幅広い分野に力を入れてきている。そのような業界の活動を「印刷産業の取り組み」で紹介する。また日印産連の加盟10団体の中では、印刷業界のさまざまな情報発信を行っており、ホームページの中でそれぞれの団体の特徴的な技術の紹介を行っているところもある。
 今回は「ジャグラBB」、「GCのトビラ」、「製本の引き出し」、「光沢加工とは」、といった業界関係者にとっても色々な参考になるコンテンツの紹介を行う。このコーナーでは、全国グラビア協同組合連合会が作成した「品質判定ガイドライン~軟包装(インキ抜け)~」を紹介する。軟包装におけるインキ抜けの品質判定の基準に活用でき、本当にあるべき品質基準とはどのようなものなのかを問いかけます。また、「印刷産業のコンテスト」は、幅広く成長した印刷業界において開催されているコンテストは非常に多岐にわたり、ガレリアだけでは展示しきれない。そのような作品を東2-11会場のブースでも展示する。
 JPEXブースを見てもらうことで、印刷業界の多様性と、その多様性によってもたらされる数多くの可能性を少しでも感じてほしい。