トッパン・フォームズ 効率的な帳票データ管理を実現するクラウドサービス「DocValue Contents」を開発
2018年06月20日
 トッパン・フォームズ(以下トッパンフォームズ)は、帳票改訂対応の効率化やデータの一元管理により、事務負荷軽減とコスト削減に貢献するクラウドサービス「DocValue Contents/ドックバリュー コンテンツ」を開発した。ベータ版の提供を本日6 月20 日、正式版の提供を7 月24 日(予定)より開始する。
 「DocValue Contents」では、帳票データや画像などのコンテンツをクラウド上で一元管理することができる。また全文検索による該当文言のピックゕップや差分表示による変更箇所の確認、ワークフローによる承認過程の見える化により、帳票改訂作業を大幅に効率化する。
 法改正や改元、消費税率の変更などの社会的要因や企業の規約変更などによって、帳票の改訂は頻繁に行われており、管理・改訂の負荷やコストは企業の大きな負担となっている。また帳票の管理・改訂は、社内の複数部門や制作会社など、多数の関係者によって行われるため、帳票データの管理や使用するコンテンツの共有などに課題を抱えている。
 トッパンフォームズは、それらの課題を解決するため「保管・検索・共有」機能をパッケージ化したクラウドサービス「DocValue Contents」の提供により、お客さまの帳票改訂業務の効率化に貢献する。


DocValue Contents 利用イメージ


【特長】
1. 登録データの一元管理により、版管理やデータの共有を簡便に
2. テキストや属性情報から改訂箇所の一括検索が可能
3. イメージや文言の変更箇所を明確に差分表示することで、校正精度が向上
4. プロジェクト機能の利用で進捗管理と情報共有が容易に
5. ワークフローで審査状況の見える化を実現

【今後の展開】
 トッパンフォームズは、「DocValue Contents」を、多数の帳票を取り扱い、法改正や規約変更などに対応するため、帳票を改訂する機会の多い金融機関や官公庁・自治体を中心に拡販する。
 販売価格は初期費用400 万円(税抜・オプション費用別)、月額費用30 万円(税抜)、利用可能ストレージは1TB 。2020 年度までに100 ライセンスの販売、10 億円の売上を目指す。
 トッパンフォームズは、今後も導入・利用しやすい汎用的なパッケージサービスのラインゕップをデジタルソリューションを中心に順次拡大し、お客さまの業務効率化やコスト削減への一層の貢献に努めていく。