大日本印刷 高品位なパノラマVRを制作できる技術を開発、鮮明な360度の光景を再現
2018年06月05日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)は、2地点から撮影したパノラマ写真(静止画)だけで、高品位な360度のパノラマ VR(Virtual Reality:仮想現実)映像を容易に作成できる技術を開発した。同技術を利用すると、撮影画像から作成した従来の360度パノラマVRで発生する「画像の重なりや歪み」を抑制でき、場面の移動を鮮明でスムーズに表現できる。DNPは2018年内に同技術を実用化し、VRコンテンツ制作や配信プラットフォームのサービスの一つとして活用していく。

近年、VR技術がエンターテイメント分野だけでなく、多くのビジネスの分野でも利用され始めており、関連機器や制作ソフトの普及も進んでいることから、今後も市場の高い成長が見込まれている。その中でも特に、撮影した写真を使用した360度パノラマVRは、視線を移すことで上下左右の好きな場所を見ることができ、あたかもその場にいるような疑似体験ができることから、インターネット上での不動産物件の見学や街中・施設を案内するサービスなどに広く展開されている。しかし、実物を撮影した写真を使った360度パノラマVRの場合、CGを使ったVRと比べて制作の作業負荷は低減できるが、仮想空間を自由に移動ができず、場面の移動時に不自然な切り替わりや表示の歪みが発生するという課題があった。
DNPは、これまで培ってきた画像処理・情報処理に関する技術・ノウハウを駆使して、これらの課題を解決する高品位パノラマVR技術を開発した。

【高品位パノラマVR技術の概要と特長】
DNPが今回独自開発した高品位パノラマVR技術は、画像解析(コンピュータビジョン)と描画(コンピュータグラフィックス)の理論を組み合わせ、撮影した2地点間のどの位置からでも人が見る光景を再現できる新しい手法によるもの。
1.撮影地点間で自由に視点を変更できるVR表現
従来の360度パノラマVRは、撮影した位置から360度を見回す表現はできたが、撮影した位置以外から見た光景は表示できなかった。今回の高品位パノラマVR技術では、2つの地点で撮影したパノラマ写真に記録された被写体の位置を解析することで、撮影した2地点間の、どの位置からでも360度の光景を再現することができる。
2.視点変更時も鮮明なパノラマVR表現
複数の写真を組み合わせた従来の360度パノラマVRは、次の場面に移る際に不自然な切り替わりや画像の歪みが発生し、CGで制作したVRのようなスムーズな場面の移動が表現できなかった。今回開発した高品位パノラマVR技術を利用すると、CGで制作したVRと同様に鮮明な画像のまま、2地点間を歩いて移動するような滑らかな場面の移動が表現できる。
3.VR制作のコスト削減、期間短縮
CG制作には比較的高額な制作費と一定の制作期間が必要だが、高品位パノラマVR技術の利用により、複数の地点で撮影したパノラマ写真だけで容易にVRコンテンツが制作できるようになるため、CGによるVRと比べて低コスト・短期間で手軽にVRコンテンツが制作できる。


(左画像)高品位パノラマVR導入前:青い丸囲い部分に「画像の重なり」が顕著
(右画像)高品位パノラマVR導入後:画像の重なりが発生せず、「鮮明な画像」で表示

【今後の展開】
DNPは高品位パノラマVR技術を、歴史的建造物のアーカイブや工場施設・不動産物件の見学、観光地のナビゲーションなどのコンテンツ制作や配信プラットフォームに活用していく。また、コンテンツ配信を行うVR制作・配信サービス事業者やカメラメーカーへの技術提供も目指す。