日本能率協会 『北海道農業の未来コンテスト』6月25日より応募受付を開始
2018年05月29日
一般社団法人日本能率協会(JMA、中村正己会長)は、2018年11月28日(水)~29日(木)の2日間、アクセスサッポロ(札幌市白石区)で、“食のバリューチェーン”に関わる全ての製品・サービスが集う専門展示会「北海道アグリ・フードプロジェクト イベント&カンファレンス 2018」を開催する。
また、同期間に同会場にて、北海道内の観光産業、ホテル産業、外食産業関係者の活発な商談を目的とした専門展示会「観光・ホテル・外食産業展 HOKKAIDO」を同時開催する。

このイベントの中で、今年初の注目企画となる道内学生を対象としたコンテストを実施する。イベントの2大テーマにあわせ、「農業」と「食」の2つのコンテストで学生の斬新なアイデアを披露してもらう。
書類による一次審査と、11月のイベント内での公開審査を経て、大賞ならびに特別賞を選定し、大賞受賞作品は業界誌での記事掲載や商品化を検討する。
学生のチャレンジ精神を醸成すると同時に、社会に対して自身の思いや企画を発信し、社会とつながるまたとない機会となる。

6月25日より、応募受付を開始する。
詳細については、北海道アグリ・フードプロジェクトイベント&カンファレンス2018のホームページで案内する。
農業を学んでいる学生や食に興味がある学生からの積極的な応募を受付ける。

コンテストを主催するのは、北海道経済連合会(会長:髙橋賢友)と、一般社団法人日本能率協会。
また、企業協力として、株式会社北洋銀行(安田光春取締役頭取)と連携し、「食」のコンテストに関してはサンマルコ食品株式会社(藤井幸一代表取締役社長)が協賛する。

コンテストの応募締切は、2018年8月31日(金)※郵送の場合は当日消印有効
申し込みは各コンテスト事務局(北海道経済連合会内 TEL:011-221-6117)まで。