凸版印刷 学会向け電子ポスターを開発、第117回日本皮膚科学会総会のポスターセッションへ提供
2018年05月21日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、高品質な画像データやデジタル高精細映像の技術を活用し4Kデジタルポスター・システム(以下、同システム)を開発。このたび、2018年5月31日から6月3日まで広島市で行われる第117回日本皮膚科学会総会(会頭:広島大学大学院医歯薬保健学研究科 皮膚科学教授 秀 道広氏)のポスターセッションへ同システムを提供する。


従来の紙ポスターとほぼ同じ大きさの4K85型
※表示内容はイメージ。
 
 一般的に学会のポスターセッションでは、研究者たちが研究成果を紙に印刷しポスターとして割り当てられた会場に掲出、研究方法や成果を発表する。今回のポスターセッションでは、通常の紙のポスターと合わせて、4Kデジタルポスター・システムを活用。具体的には、85型の4Kタッチパネルディスプレイをデジタルポスターとして2台設置し、データ配信サーバから電子書籍形式でコンテンツを掲出した。これにより、デジタルポスターでは、文字や画像が荒れることなく、インタラクティブに約5倍まで拡大ができるほか、動画の掲出にも対応。先端の通信と映像技術を活用し、研究発表の高度化を支援した。

■特長
・同システムは、学術成果の発表向けに電子書籍フォーマットを採用。また85型4Kデジタルサイネージ
により、通常のデジタルサイネージより大きく(約5倍)まで拡大しても、画像や文字が荒れない。
・同システムではタッチパネルを採用、来場者が興味のある部分を自身で操作でき、よりインタラクティブ
なポスターセッションが行える。
・従来の紙のポスターでは対応できなかった、動画・映像などの埋め込み表示が可能になる。

■今後の展開
 凸版印刷は、高品質な画像データやデジタル高精細映像の技術を活用し、ポスターセッション会場の来場者に遠隔地の研究者が動画で質問を受けながら説明するなど、今後も学術・医療分野向けによりインタラクティブで利便性の高いデジタルポスターの開発を進めまる。

■第117回日本皮膚科学会総会 ポスターセッション
・日時:2018年5月31日(木)から6月3日(日)
・会場:広島県立総合体育館B1F (広島市)
・設置機器: 85型4Kタッチパネルディスプレイ 2台、コンテンツ配信・サーバ