凸版印刷 音声翻訳で地方創生支援、有償音声翻訳サービス「VoiceBiz」を6月1日より提供開始
2018年05月14日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、地方創生における「戦略策定」「地域資源利活用」から「施策実行」にいたるまで包括的なソリューションを提供している。このたびその一環として、有償音声翻訳サービス「VoiceBiz(ボイスビズ)」を2018年6月1日より提供開始する。
「VoiceBiz(ボイスビズ)」は、急増する訪日外国人や外国人就労者などとの、多言語コミュニケーションを支援する音声翻訳サービス。スマートフォンやタブレット用の専用アプリに音声やテキストを入力すると、30カ国語の中から選択した言語に自動で翻訳し、音声やテキストを出力する。
翻訳エンジン(日本語と英語の間)は、国立研究開発法人情報通信研究機構(徳田英幸理事長、以下NICT)が開発を進めている、深層学習を用いたニューラル翻訳(NMT)技術を採用。従来の統計翻訳(SMT)技術に比べ、翻訳精度が大幅に向上している。また、IDとパスワードによる認証と台数管理機能により、少人数からサービスの利用が可能。窓口での接客など、タブレットでも使用しやすい横向きのランドスケープモードや、翻訳された文字を大中小の3段階で表示する機能などで、ユーザビリティを高めている。あらかじめ翻訳した観光名所、商品名、施設名などの固有名詞や、利用頻度の高い定型文は、翻訳サーバーに登録できる。

「VoiceBiz(ボイスビズ)」は、2018年5月16日(水)から18日(金)まで開催される「自治体総合フェア2018(第22回)」(会場:東京ビッグサイト)の凸版印刷ブースで展示する。




■ 翻訳可能な言語
・音声翻訳で選択できる言語:11カ国語
日本語と英語/中国語(普通話)/韓国語/インドネシア語/タイ語/ベトナム語/ミャンマー語/
ポルトガル語(ブラジル) /フランス語/スペイン語
※フランス語・スペイン語は、音声での出力に対応していない。
・テキスト翻訳で選択できる言語:30カ国語
日本語と英語/中国語(簡体字)/韓国語/台湾華語(繁体字)/アラビア語/イタリア語/
インドネシア語/オランダ語/スペイン語/タイ語/デンマーク語/ドイツ語/ヒンディ語/フィリピン語/
フランス語/ベトナム語/ポルトガル語/ポルトガル語(ブラジル)/マレー語/ロシア語/ミャンマー語/
ウルドゥ語/クメール語/シンハラ語/トルコ語/ネパール語/ハンガリー語/モンゴル語/ラーオ語

■ 背景
日本を訪れる外国人は増加の一途を辿っている。今後は国際的な文化・スポーツイベントを控え、更なる訪日外国人の増加が見込まれ、また外国人就労者や技能実習生も増加している。総務省では、訪日外国人との言葉の壁をなくす「グローバルコミュニケーション計画」を策定し、NICTが多言語音声翻訳システムの実用化を推進している。
凸版印刷は、インバウンド関連事業として、「何度も旅したくなる日本」をコンセプトに観光立国の実現に向けて様々な自治体・企業と連携、訪日外国人の旅の質と利便性を向上させる「旅道?(たびどう)」を推進している。この度、多言語分野で培ったノウハウを活かし、タイ語やベトナム語などアジア圏における音声翻訳のニーズに対応した、音声翻訳サービス「VoiceBiz(ボイスビズ)」を開発した。