大日本印刷 デジタルサイネージ配信管理システム『SmartSignage』を刷新
2018年04月09日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)は、デジタルサイネージ(電子看板)に表示するコンテンツの配信、機器の状態監視などの機能をもつ『DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage』の新バージョンサービスの提供を開始する。
普及が進むデジタルサイネージの各種機器や通信環境などに合わせて、コンテンツの即時配信や一元管理に対応し、ユーザーインターフェイス(UI)面や運用面において使いやすさを追求した。

【『DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage』新バージョンの特長】
1. これまでの技術・ノウハウを活かした最新バージョンで、4KコンテンツやHTML5にも対応
DNPが2011年に開発し、多くの導入実績がある『DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage』の技術・ノウハウを活かしてシステムを一新した。新バージョンは、表示するコンテンツ管理やスケジュールの作成、サイネージ機器の管理を行う「Web管理画面」と、機器がネットワーク経由で受信したコンテンツを表示する「プレーヤー」で構成されている。プレーヤーはブラウザベースのため、動画や静止画のほか、最新の4KコンテンツやHTML5等のデータに対応している。



2. データ更新を即時に画面表示に反映。遠隔での運用・管理も便利に。
これまでの配信システムでは一定時間毎にデータの送受信によるコンテンツ配信が行われていたが、同システムでは双方向通信の仕組み(WebSocket)を用いているため、管理者がおこなったコンテンツの変更を、即座に行うことができる。この機能により、リアルタイム配信も可能になる。
3. 直感的で使いやすいUI
Web管理画面はソフトウェアのインストールが不要なブラウザベースのシステムのため、アカウントを保有している担当者は、どのPCからも管理画面にアクセスできる。またドラッグ&ドロップによる直感的なユーザーインターフェイスで、誰でも使いやすい設計になっている。
4. アカウント毎に細かい操作権限を設定でき、誤操作を防止
複数の管理者がいる場合、アカウント毎に操作できる権限を細かく設定できるため、管理者が自分の管轄以外のコンテンツを誤って配信してしまうなどの誤操作を防ぐことができる。

【今後の展開】
DNPは、新バージョンの『DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage』を活用したデジタルサイネージ事業で、コンテンツ制作や運用などの関連事業も含めて2019年度に25億円の売上を目指す。