JAGAT 「インバウンドプロモーションと越境ECの動向」セミナーを4月19日開催
2018年04月03日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田 司郎会長)は、2018年4月19日(木)に中国・台湾向けのインバウンドプロモーションをテーマにしたセミナー「インバウンドプロモーションと越境ECの動向~中国・台湾客を呼び込む施策と海外販売の可能性」を開催する。
2017年の訪日外国人旅行者数はおよそ2870万人。中国、韓国、台湾からの旅行者が全体の6割以上を占め、リピーターは地方にも足を運び、宿泊、食事、買い物などを楽しんでいる。地域に、店舗に、インバウンド客を呼び込むためにはその国に合ったプロモーションが重要になる。
同セミナーでは旅行者数が多い中国、リピーター率が高い台湾に注目し、中国最大のSNSである微博(Weibo)が中国のSNS事情と国内企業・自治体での活用事例を、多くの台湾ユーザーを持つテレコムスクエアが台湾人向けの各種プロモーション施策について解説する。さらに外国人旅行者が日本のECで商品を購入する「越境EC」についても越境ECをサポートするtensoから概況や事例を紹介する。

■ 開催概要
期日:2018年4月19日(木) 14:00-16:40予定(受付開始:13:30より)
会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11
参加費:一般15,120円(税込)、JAGAT会員10,800円(税込)、
JAGAT印刷総合研究会メンバー無料(研究会のプランにより参加可能人数が異なる)
※セミナー詳細はWebを参照のこと。 https://www.jagat.or.jp/cm2018_inboundpromo

❏ セミナー内容・スケジュール
(タイトル・内容は変更可能性がある)
【1】Weiboの力~中国SNS事情とWeiboによるプロモーション事例(新浪日本微博)
【2】台湾市場トップシェアだからこそできる、訪日プロモーション手法(テレコムスクエア)
【3】越境ECの動向とtensoのビジネスについてス(tenso)