トッパン・フォームズ 大阪桜井工場の増床工事を完了、DPS・BPOの受託体制を強化
2018年03月13日
トッパン・フォームズ(以下トッパンフォームズ)は、関西圏の基幹工場である大阪桜井工場の増床工事を本日3 月13 日に完了した。
同増床工事はお客から通知物の製造・発送を受託するデータ・プリント・サービス(DPS)の生産体制強化に加え、関連事務業務を受託するビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)エリアを設置し、関西圏における同社グループのBPO 体制を強化することで、同社主力事業であるデジタルハイブリッド事業の拡大を目的としている。また情報セキュリティ体制の一層の増強や首都圏との事業継続計画(BCP)体制構築を行うことで、競争力の強化を目指す。

マイナス金利の影響や、さまざまな業界での働き方改革推進のための生産性向上への取り組みを背景に、お客が自社で行っているプリント関連業務やその他の事務業務などのアウトソーシング需要が増加している。さらにマイナンバー制度の普及による関連案件の増加、それに伴う個人情報をはじめとした機微情報を取り扱うための高セキュリティの専用エリア構築など、お客からの同社への要請は多岐に渡る。
また大阪桜井工場はBCP において首都圏で稼働中の工場と連動し、有事の際の事業継続において重要な役割を担う。
トッパンフォームズではこのようなお客からの要請に応え、同社事業の拡大をすべく、同増床工事を行い、受託体制を強化した。


大阪桜井工場 増床後イメージ

【大阪桜井工場の概要(増床後)】
工 場 名:トッパン・フォームズ株式会社 トッパン・フォームズ関西株式会社 大阪桜井工場
所 在 地:大阪府三島郡島本町桜井3-14-1
敷地面積:約18,000 ㎡
延床面積:増床分 約6,694 ㎡(約2,025 坪)、全体 約35,648 ㎡(約10,784 坪)



大阪桜井工場