日印産連 【ベータ版】オフセット印刷における化学物質のリスクアセスメントシート2018年版を公開
2018年01月31日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)では、【ベータ版】オフセット印刷における化学物質のリスクアセスメントシート日本印刷産業連合会2018年版をホームページにて公開した。
 2016年6月に労働安全衛生法にて化学物質のリスクアセスメントが義務化された。
 その後に厚生労働省の「化学物質取扱業種におけるリスクアセスメント支援活動促進事業」に委員を派遣し、「印刷業界向け化学物質による健康障害のリスクアセスメント オフセット印刷・グラビア印刷編」を作成、発表した。
 今回、日本印刷産業連合会では、同リスクアセスメントを改良し、新たに「オフセット印刷化学物質による健康障害のリスクアセスメントシート(ベータ版)」を作成した。
 同シートはPC自動作成版と手書き版を用意してある。
 また同シート利用時には、必ずマニュアルを一読すること。
 シートとマニュアルの両方をホームページからダウンロードできる。

◆公開URL
 URL:https://www.jfpi.or.jp/topics/detail/id=3668