日印産連 印刷産業の活性化に繋がるよう積極的に取り組んでいく
2018年01月11日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は1月10日、港区虎ノ門・ホテルオークラ東京で2018新年交歓会を開催し、10団体会員、経済産業省をはじめとする政界、産業界、マスコミ業界からの来賓など650名が参加した。
 山田会長は昨年の国内経済や国際社会にふれるととともに、「日印産連では3年前にグランドデザインをスタートさせ、印刷産業の社会的責任をさらに高め、印刷産業が社会の要請に応えてさらに信頼される産業をめざしていきたいと考えている」と述べた。また、昨年、初めて開催したイベントとして、大阪で『地域おこしメッセ2017』やグリーンプリンティングの小山薫堂PR大使と実施した「印刷と私」エッセイ・作文コンテストにふれ、「全国から800人に近い応募があり、作品を読むと多くの方々が印刷会社の仕事や印刷製品に様々な思い出や愛着を持っていることが描かれており、印刷産業は生活やビジネスにとっていかに必要とされているかよくわかった」と振り返った。
 さらに、今年夏には3年ぶりにIGASが開催されるが「それに併せてFAPGA(アジア印刷会議)をIGASと連動させ会議を行う。同時に会員10団体と連動してIGAS会場内に日本の印刷産業を紹介するコーナーを設けることで日本の印刷産業の理解促進を図ることとする。日印産連では本年度も印刷産業の活性化に繋がるよう積極的に取り組んでいく」と抱負を語った。


 挨拶する山田雅義会長
 
 次いで、来賓の寺澤達也経済産業省商務情報政策局局長は「印刷産業は社会で不可欠な産業であり、地域と密着している産業だ。以前と比べて売り上げが減っているが、①ペーパーレベースの印刷、②紙だけでなく、クレジットカードや壁紙、ネクタイ、フォトマスクなどへの印刷、③知的財産権、④データが主役の時代、データを利活用する、この4つが大きなポテンシャルだ」と述べ、IOT投資減税やものづくりサービス補助金を活用するよう促した。
 引き続き、吉田博史経済産業省商務情報政策局審議官IT戦略担当、馬城文雄日本製紙連合会会長、宮腰巌日本印刷産業機械工業会会長、松村武人国立印刷局理事長、山田仁経済産業省商務情報政策局コンテンツ産業課長、川村喜久印刷インキ工業会会長、辻重紀プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会会長、塚田司郎日本印刷技術協会会長、宮崎紀郎千葉大学名誉教授、高橋恭介東海大学名誉教授、松浦豊環境保護印刷推進協議会会長、青木宏至全国印刷工業健康保険組合理事長、山岡景仁印刷工業企業年金基金理事長の来賓と山田会長による鏡開きが行われた。


 来賓と山田会長による鏡開き


 この後、馬城文雄日本製紙連合会会長の発声で乾杯し祝宴に入った。祝宴の途中で、昨年10月開催された第44回技能五輪国際大会(アブダビ)印刷職種で 「第4位 敢闘賞」の成績を上げた日本代表選手の早瀬真夏さん(亜細亜印刷)とエキスパートの大塚成ニ氏(亜細亜印刷)へ服部克彦日印産業連技術部会長から花束とねぎらいの言葉が贈られた。
 これを受けて早瀬さんは「今回4位という結果で終えたが、自分ではくやしい気持ちで一杯だ。連合会をはじめ皆様から協力を頂きありがとうございました。これからまだ長い人生、この経験を活かし、一人前の技術者になれるよう努めたい」と挨拶した。


 花束贈呈された早瀬さんと大塚氏

 10団体会長が登壇し、田中佑全日本シール印刷協同組合連合会会長の発声で中締めした。



 中締め