JAGAT page2018で4つのテーマを集めてクロスメディア(カンファレンス)を開催
2018年01月11日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田 司郎会長)は、メディアビジネスの展示会「page2018」を2018年2月7日(水)~9日(金)に開催する。そこで「page2018」カンファレンスとして全16セッションを開催する。
なかでもデジタル分野では、2018年に注目すべきテーマとして「デジタル×紙メディア×マーケティング」「コンテンツビジネスのブランディングと収益化」「2018年、企業はAIとどう向き合うか」「デジタル時代のマーケティング・コミュニケーション」の4つを取り上げ、先進的な取り組みをしている企業が多数登壇する。
特に2月9日(金)には、人工知能(AI)をpageとしては初めてテーマに取り上げる。新聞の見出し作成にAIを活用する日本経済新聞社や業務効率化AIを独自開発する野村総合研究所、オーダーメイドで企業ごとにAIを開発しているDATUM SUTUDIOが登壇、企業がAIにどう向き合うべきかを議論する。

■ page2018概要
期日:2018年2月7日(水)~9日(金)
会場:池袋・サンシャインシティ

■ page2018カンファレンス【クロスメディアカテゴリ】
・【CM1】デジタル×紙メディア×マーケティングの可能性
https://page.jagat.or.jp/contents/session/71
・【CM2】コンテンツビジネスにおけるブランディングとマネタイズ
https://page.jagat.or.jp/contents/session/72
・【CM3】企業はどうAIに向き合うか~業務効率化、新サービス創出などAI活用の今を知る~
https://page.jagat.or.jp/contents/session/73
・【CM4】デジタル時代のマーケティング・コミュニケーション
https://page.jagat.or.jp/contents/session/74

参加費:16,200円(税込・事前申込価格) ※複数申込による割引あり