大日本印刷 顔認証に対応した金融機関向け総合アプリを開発、香川銀行で初採用
2018年01月10日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)は、口座開設やローン等の各種申し込み、利用明細や残高の確認など、複数の金融サービスをスマートフォン上で行える「DNP金融向け総合アプリ」を開発し、2018年1月に提供を開始する。
今回、地方銀行で初めて顔認証機能を組み込んだ金融機関向け総合アプリとして、香川銀行に採用された。

金融業界では生活者の利便性や業務効率化の観点から、金融と情報技術(IT)の融合によるフィンテック関連のサービスが広がっている。金融機関では、店舗での顧客対応や、ネットを利用した非対面の顧客対応などの状況において、顧客との的確で効率的なコミュニケーションが求められている。
こうしたなかDNPは、ICカードの製造、発行などで培ってきた情報セキュリティ技術を強みとして、AI(人工知能)の活用やデジタル化、ペーパーレス化などによる業務効率化、顧客サービス向上などに貢献する多彩なソリューションを金融機関に向けて提供している。その一環として、銀行の口座開設の申し込みをスマートフォン上で簡単に行える「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」などの各種フィンテックサービスを展開し、多くの金融機関で採用されている。
今回、生活者の利便性をより高めるため、口座開設や利用明細の確認、ローン等の各種申し込みなど複数の金融サービスをスマートフォン上で一括して行える「DNP金融向け総合アプリ」を開発した。

【「DNP金融向け総合アプリ」の特長】
○口座開設やローン等の各種申し込み、利用明細や残高の確認などの各種金融サービスを本アプリ上で一括して行える。
○同アプリは顔認証技術を搭載して利便性を高めており、生活者はIDやパスワードを入力する手間を省くことができる。
○家計簿の作成や、AIを活用した問い合わせに対する自動返答プログラムである「チャットボット」の提供など、生活者のニーズに合わせて機能を拡張できる。
○入出金があった際は、自動的に利用者のスマートフォンに取引に関するお知らせが届く。

【今後について】
DNPは、同アプリを金融機関に向けて提供し、2020年度に4億円の売上を目指す。