共同印刷 女性の意識・行動に関するセミナーを主催、43社が参加し今後の女性市場を検討
2017年12月07日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、昨年度に続き、「これからの女性市場ビジネスモデル研究会」を主催し、11 月24 日に第1回セミナーを開催した。
同社は、2016年度に顧客企業向けサービスの一環として「これからの50代以上女性市場ビジネスモデル研究会」を立ち上げた。目的は、多くの業界が注目する50代以上の女性市場におけるポテンシャルの分析やビジネスモデルの検討だ。
今年度はターゲットを20~70代の国内女性、さらに一部海外(中国)の女性にまで広げ「これからの女性市場ビジネスモデル研究会」とした。さまざまな切り口で女性市場を考察する場として、商品開発・研究やマーケティング、事業支援などに携わる方々を中心に43社58名が参加している。
11月24日に開催した第1回セミナーでは、キーノートスピーカーに、美容ジャーナリストの奈部川貴子氏を招き、「世代別ビューティトレンドとメイドインジャパンコスメへの期待」というタイトルで講演した。また、同社からは、自主調査で明らかになった20~70代女性の意識変化や中国の女性たちとの比較、調査データを基にしたクラスターマップなどを報告し、美容、健康業界などで活用できる情報を発信した。
質疑応答では、「美容・健康市場のボーダーレス化について」「海外最新コスメの傾向について」など活発な意見が交わされた。今後も、継続的に“女性の意識や行動”を研究していくとともに、当社の新サービスに対する意見を頂戴する場としても活用していく予定。

【研究会概要】
1.研究会名称: これからの女性市場ビジネスモデル研究会
2.開催日時 : 第1回セミナー 2017 年11 月24 日(金) 15:00~17:20
3.第1回テーマ : 国内外女性たちの美容・健康意識についての考察
4.会 場 : 共同印刷株式会社 小石川本社
5.参加費用 : 無料(事前登録制)
6.参加人数 : 43 社58 名
7.主 催 : 共同印刷株式会社 プロモーションメディア事業部・SP&ソリューションセンター

【奈部川貴子氏 プロフィール】
株式会社ベイズガーデン代表。化粧品をはじめ、エステティック、SPA、ダイエット、健康および美容医療など、美容全般に精通。女性誌においては、深く掘り下げる独自の視点で取材を重ね、最先端のスキンケア事情をとてもわかりやすく記事にすると高い評価を得ている。女性誌・化粧品広告・Web サイトなどの制作経験とビューティビジネスのコンサルティング経験を生かすべく、2001 年に美にまつわる制作会社ベイズガーデンを設立。