日本経営協会 第22回「自治体総合フェア2018」出展申込受付を開始
2017年12月01日
一般社団法人日本経営協会は、2018年5月16日(水)から18日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて、自治体、行政に関する国内最大規模の総合展示会、第22回「自治体総合フェア2018」を開催する。
日本経営協会自治体総合フェア事務局では2017年11月22日より、「自治体総合フェア2018」の出展申込みを受付開始した。締切りは2018年2月9日。
「地域社会に活力を与えるイノベーション」のテーマのもと、自治体の経営・まちづくり・ひとづくりや行政サービスの向上に寄与する様々なソリューションを一堂に集め、昨年度はおよそ1万人の自治体、団体、公共サービス関係者が来場した。
詳細は以下のウェブサイトを参照のこと。
https://noma-lgf.jp/2018/

開催概要は次のとおり。
テーマ: 地域社会に活力を与えるイノベーション
会期: 2018年5月16日(水)~18日(金)
開催時間:10:00~17:00
会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西3ホール
主 催:一般社団法人日本経営協会
出展予定者数:100社(2017年実績108社)
来場予定者数:10,000人(2017年実績11,254人)