JAGAT  クロスメディアエキスパート認証試験、カリキュラム第4版を発表
2017年12月01日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2017年12月1日、同協会クロスメディアエキスパート認証試験のカリキュラム第4版を発表した。

「クロスメディアエキスパートカリキュラム」初版は2005年に発表し、このカリキュラムに基づいた第1期クロスメディアエキスパート認証試験を2006年3月に実施した。その後、2010年、2012年にカリキュラム改訂、また、年2回の認証試験を実施してきた。
クロスメディアエキスパートカリキュラム第4版は、従来の内容を再編成し「マーケティングと経営」「メディアとコンテンツ」「デジタルメディアを支える技術」の3点を柱としている。
今後の印刷ビジネスにおいて、印刷周辺のデジタルメディアビジネスの拡大は大きなチャンスとなる。マーケティング知識の充実やメディアとコンテンツ活用、メディアを支える技術は、印刷および周辺メディアのビジネスにおいて、直ちに役立つ業務直結の知識となる。そして、質の高い企画提案をおこなうには、必要不可欠な知識と言える。
「クロスメディアエキスパートカリキュラム第4版」が、印刷メディアとデジタルメディアの融合、すなわちクロスメディアビジネスのための能力を磨き、顧客のマーケティング活動を支援する人材育成の一助となることを願っている。
「クロスメディアエキスパートカリキュラム第4版」は、同協会のWebサイトで公開されている。
※JAGAT クロスメディアエキスパート認証制度 カリキュラム閲覧ページhttps://www.jagat.or.jp/cat5/cme/exam/curriculum

❏次回エキスパート認証試験の実施予定
次回の第25期クロスメディアエキスパート認証試験は、「クロスメディアエキスパートカリキュラム第4版」に準拠し、2018年3月18日(日)に実施する。受験申請期間は2018年1月18日(木)~2018年2月23日(金)となっており、同サイトの申請フォームから申込むことができる。