環境保護印刷推進協議会  2017年度講演会、CSR戦略をテーマに11月22日開催
2017年10月26日
環境保護印刷推進協議会(E3PA,松浦豊会長)は11月22日に2017年度講演会を開催する。
環境保護印刷推進協議会では「サステナブル社会の実現に参画することで印刷会社としての社会的責任を果たす」というステップをさらに確実にするために、<環境貢献>をベースとしたブランディング活動を直近の事業計画に組み込んでいる。環境保護に関する行動規範を守り顧客や関係者の信頼を得ていくことは、企業ブランドを向上させるための必須要件だ。それによって、印刷会社として果たさなければならない社会的責任《CSR》は揺るぎないものになる。
そこで「印刷会社が取り組むCSR戦略とは?―ビジネス戦略としての活かし方を考える―」と銘打った【2017年度講演会】を来る11月22日開催する。当日の講師には、CSRコンサルタントとして活躍している安藤光展氏(一般社団法人CSRコミュニケーション協会代表理事)を招き、CSR活動が企業ブランドを高める手段=ビジネス戦略=としていかに有効かを中心に、現場サイドからの話しをする予定。併せて、企業を取り巻く昨今のCSRトレンド、価値を提供すべきステークホルダーとのコミュニケーションの重要性、とくに顧客に向けての提案ツールとしての意義についても聴くことになっている。
会員はもちろん、印刷業界から参加を呼びかけている。また、1社から複数の聴講も可能。

開催要項
■時間:午後2時55分~4時30分
(挨拶:2時55分/講演:3時00分~4時30分(予))
■テーマ:印刷会社が取り組むCSR戦略とは?
―ビジネス戦略としての活かし方を考える―
■講師:安藤光展氏(あんどうみつのぶ)CSRコンサルタント
一般社団法人CSRコミュニケーション協会代表理事
日本マーケティング学会会員
日本広報学会会員
1981年長野県生まれ。CSRコンサルタント。専門はCSR(企業の社会的責任)領域のコミュニケーション、エンゲージメント、企業評価。
著書は『CSRデジタルコミュニケーション入門』(インプレスR&D、共著)、『この数字で世界経済のことが10倍わかる~経済のモノサシと社会のモノサシ~(数字がわかれば見えてくる)』(技術評論社、単著)など。
2009年よりブログ『CSRのその先へ』運営。
<業務内容>
・CSR領域の第三者評価
・CSR推進戦略/コミュニケーション戦略の立案
・CSRウェブコンテンツの制作アドバイザリー
・CSR/統合報告書の制作アドバイザリー
・CSR業務改善支援
・CSR領域の研究会運営、講演/執筆活動
等々

■参加者:環境保護印刷推進協議会会員ならびに印刷業界関係者、他
■定員:80人(定員になり次第、締め切る)
■聴講料:無料
■申し込み:環境保護印刷推進協議会までFAXで申し込む。