凸版印刷 マイナンバーをアプリで届出 「Speed Entry Mobile for ID」を開発
2017年10月23日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、スマートフォンで撮影したマイナンバー(個人番号)カードをはじめとする本人確認書類を、金融機関に手軽に提出することができるスマートフォンアプリ「Speed Entry Mobile for ID」を開発。2017年10月下旬より金融機関向けに本格展開する。
 凸版印刷は、2015年より口座開設アプリ「Speed Entry Mobile」を提供しており、口座開設時の本人確認書類をスマートフォンで撮影し、入力情報と合わせて申込情報をデジタルデータとして連携するサービスを提供してきた。このたび、法的な要請により収集対象範囲が拡がるマイナンバーの取得機能を追加した「Speed Entry Mobile for ID」を開発した。
 「Speed Entry Mobile for ID」は、マイナンバーを含む本人確認書類をスマートフォンで撮影するだけで、手続きに必要な入力情報と合わせて金融機関に手軽に提出できるスマートフォン用アプリ。氏名や生年月日、個人番号などの申込情報の一部は、
撮影されたデータからOCR機能によりテキスト化され、そのまま提出することができる。また、WEBやスマートフォンアプリなどの既存の申込チャネルと連携することで、郵送のフローが残っていた必要書類の収集業務についてもデジタル化が図れる。
 これにより、マイナンバーの収集業務や、カードローン申込時の本人確認書類・収入証明書類を提出する際の入力・申請負荷を軽減する。
 「Speed Entry Mobile for ID」で撮影した書類画像と入力情報は、凸版印刷のマイナンバー事務局と連携し、提出書類や受付情報の審査から、不備チェック、収集結果の集約・納品、コールセンター対応までワンストップで対応する。また、精査した受付情報を金融機関指定のデータ形式にカスタマイズして提供することも可能。凸版印刷は、これまで保険業界を中心に大手金融機関のマイナンバー収集代行サービスで培ったノウハウと、マイナンバーの取り扱いに準拠した最高水準のセキュリティ体制を活かし、高品質かつスピーディーなサービスを提供する。
 なお同アプリは、2017年10月26日(木)から27日(金)に開催される「FIT2017 金融国際情報技術展」(会場:東京国際フォーラム、主催:日本金融通信社)の凸版印刷ブースにて展示する。

■ 「Speed Entry Mobile for ID」の特長
・必要情報の入力負荷を軽減
従来の運転免許証に加え、個人番号カード・通知カードをスマートフォンで撮影するだけで、氏名、生年月日、個人番号などの必要情報が自動で入力される。
・収集書類のペーパーレス化、郵送レスが可能
口座保有者に対するマイナンバー収集業務のデジタル化ツールとしての利用はもちろん、既存の申込受付チャネルを活かすことで、書類収集業務のペーパーレス化、郵送レス化が可能。
・データセンターでハイセキュアに受付情報を管理
取得した受付情報は、マイナンバーの取り扱いを想定したセキュリティ基準を満たす凸版印刷のデータセンターへ送信され、ハイセキュアに管理される。
・マイナンバー事務局におけるBPOサービスの提供
凸版印刷のデータセンターからシームレスにマイナンバー事務局へ受付データを連携し、受付情報を精査・加工のうえ、金融機関指定の形式で受付情報を提供することが可能。

■ 価格
サービス導入ライセンス費: 約980万円から
サーバ・プログラム月額運用費: 約50万円から
※仕様によって異なる。

■ 今後の展開
 凸版印刷は、銀行や証券会社を中心に「Speed Entry Mobile for ID」を拡販、2018年度までに20社、約10億円の売上を目指す。
 今後、店頭での利用を想定したWEBやタブレットアプリへの対応を進めていく。さらにマイナンバーカード対応NFCスマートフォンの普及に伴い、公的個人認証(JPKI)による本人確認機能と、マイナンバーカードのIC領域からのマイナンバー取得機能についても同サービスの追加機能として開発する予定。