凸版印刷 営業支援プラットフォーム「SalesStation +」、Windowsアプリ提供開始
2017年10月11日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、企業向けに得意先への提案・プレゼンテーションを支援するコンテンツ管理・配信プラットフォーム「SalesStation +(セールスステーションプラス)」のWindowsアプリを2017年10月12日より提供開始する。

 「SalesStation +」 は、自社の製品・サービスのカタログや資料、動画、HTML5などのリッチコンテンツをサーバで管理して、営業担当者などが持つタブレットに対して効率的に配信するサービス。「商品の魅力を十分に伝えられる」「商材ごとに適切な説明を展開できる」「常に最新の資料を閲覧できる」「すべての資料をどこでも取り出せる」プラットフォームとして、これまで数多くの企業に採用されてきた。 
 これまでは、iPad版のアプリと、その他の端末向けにブラウザ版アプリとして提供を行ってきたが、タブレットに対応したMicrosoft社のOS、Windows 8のリリース以降、最新バージョンであるWindows10の普及に伴い企業でのWindowsタブレットの導入が進んできたことで、Windowsアプリへの対応を要望する声があがっていた。

 今回、「SalesStation+」がWindowsアプリに対応することで、Windows PC、タブレットを導入されている企業であればすぐに利用開始が可能となった。また、Windowsアプリ版を利用することで、タッチデバイスでの操作の改善や、さらに、お気に入り機能や提案フォルダ機能など自分用にコンテンツの整理が可能となり、営業担当者にとってより便利になることが期待できる。
 また、ADFSによるシングルサインオンも可能(SAML連携)。Office365等、Microsoft製品との連動がしやすくなる。

■ 「SalesStation+」の特長
・大量の資料も、持ち運びはWindows PC、タブレット一つだけでOK!
  データはサーバで一元管理。いつでもどこでも必要な情報を入手することが可能。
・持ち出し保存機能でオフラインでもコンテンツの利用が可能
  必要な資料は端末に保存ができるので、ネットワークに接続できない環境でも利用が可能。
・リッチコンテンツで訴求力のある提案が可能に
  動画やHTML5などのリッチコンテンツを使用して訴求力のある提案が可能。
・お客毎に必要な資料を集めた提案フォルダ機能
  必要なページを予めピックアップ。お客のニーズに合わせた提案が可能に。自作資料も使用可能。
・高度な検索機能(全文検索、カテゴリ検索)
  大量の資料の中からでも、手間を掛けずに必要な資料をすぐに探しだせる。
・データに基づく営業活動
  ログ解析やアンケート機能で、現場での利用状況を把握し、資料の改定などに役立てられる。
・お客と資料を共有する資料共有機能
  提案フォルダの資料はお客様へメールに添付して共有できるので、紙の資料を持参せずに済む。
・新着機能やアラート機能で常に最新情報を閲覧
  お客に最新情報を提供出来るだけでなく、間違って古い資料を使ってしまう事も避けられる。
・トップ画面の編集機能(背景差替、ボタン配置など)
  背景画像やメニューボタンのデザイン・配置の変更で、より使いやすい画面にカスタマイズできる。
・ASPサービスなので導入も簡単
  申し込み後1週間程度で利用開始できる。またASP面倒なサーバ機器の保守なども不要。
・端末紛失時にはアカウントロックでセキュリティを確保
・1つの契約で、iPadアプリ、Windowsアプリ、ブラウザ版アプリで利用が可能
・シングルサインオンで企業内のアカウント、他の営業支援システム(SFAシステム)との連携も可能

■価格
<エントリーパック> 初期費:5万円、月額1万円~ 
<スタンダードパック> 初期費:30万円、月額5万円~ 
<エンタープライズパック> 初期費:30万円、月額25万円~

■今後の展開
 住宅設備、金融、文具・オフィス家具、工具、介護・福祉関係など、さまざまな業界へ販売していく。