大日本印刷 無菌充填システムの殺菌時間を1/2に短縮する制御ソフトを開発
2017年10月06日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、ペットボトル飲料などの無菌充填システムにおいて、商品切り替えの際に充填作業の前処理として行う、機器の殺菌工程の時間を最大1/2に短縮する制御ソフトウエアを開発した。
機器の殺菌時間を短縮することで、ペットボトル飲料の生産効率の向上と、CO2の排出量削減による環境負荷の低減を実現する。
近年、生活者の嗜好が多様化するなか、飲料市場においても多品種少量生産が求められるようになっている。そのため、1台の無菌充填システムで生産する商品アイテム数が増加し、充填する商品を切り替える頻度が高まっており、その際に前処理として行う、飲料の殺菌等を行う液処理機器や充填機器の洗浄~殺菌の工程の時間短縮が求められていた。
今回DNPは、このニーズに応えて、充填システムの機器殺菌時間を従来の約半分に短縮する制御ソフトウエアを開発した。




ペットボトルに飲料を充填



無菌充填システム全景

【新たに開発した制御ソフトウエアの概要】
〔従来〕 これまで無菌充填システムの機器を殺菌する際は、蒸気や熱水で飲料タンクや配送管を加熱して、液処理機器や充填機器内の10~20ヶ所に設置した全ての温度計の値が130℃になってから30分間、温度を維持した状態で殺菌を行っていた。そのため、殺菌の開始から、機器が常温に戻って飲料の充填を開始するまでには約1時間かかっていた。
    ↓
〔制御ソフトウエアによる効果など〕
○DNPは、45年以上にわたる無菌充填システムの開発・販売を通じて培った最先端の技術・ノウハウを活用して、従来と同等の殺菌効果が得られる条件を設定し、殺菌時間を最大50%短縮する制御ソフトウエアを開発した。同ソフトウエアの導入により、従来1時間ほどかかっていた殺菌時間を約30分間に短縮し、大幅な生産性の向上を実現する。例えば、切り替え作業を年間300回行っている工場では、約150時間を年間で短縮することが可能。また、時間短縮によって、殺菌処理の際に発生する熱エネルギーやCO2の排出量も削減されるため、環境負荷の低減につながる。
○同ソフトウエアは、ペットボトル飲料や紙容器、パウチ包装やポーションパックなど、全ての無菌充填システムに対応している。無菌充填システムのユーザー企業向けに販売する。
○同ソフトウエアや関連する技術については、複数の特許を国内(7件)と海外(米国・中国で各1件)で取得している。

【今後の展開】
DNPは同ソフトを、食品や飲料メーカーなどの無菌充填システムを保有する企業や、今後導入を予定している企業に向けて販売し、2022年までに年間20億円の売上を目指す。