日印産連 第46回GP認定委員会で新規7工場と更新21工場、合わせて28工場を認定
2017年09月25日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は、平成29年9月21日開催の第46回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規7工場と更新21工場、合わせて28工場を認定した。その結果、現在活動中のGP認定工場は全380工場となった。
また、同認定委員会において、GP資機材の認定を実施し、5社30製品(洗浄剤23製品、プレートクリーナー1製品、含浸型洗浄布2製品、エッチ液4製品)を認定した。これで、平成29年度の認定登録製品は640製品となった。
なお、新規7工場のGP工場認定式は、平成29年10月26日に開催する第32回GP工場交流会において執り行う
第46回グリーンプリンティング(GP)認定委員会による新規認定は次のとおり。
【新規認定工場】
▽オフセット エイエイピー グラフィック事業部及び三島支店(静岡県田方郡)全日本印刷工業組合連合会
▽オフセット 丸三房印刷 松戸工場(千葉県松戸市)全日本印刷工業組合連合会
▽オフセット 興雄社(東京都葛飾区)全日本製本工業組合連合会
▽オフセット 博勝堂 事業所兼工場(東京都新宿区)全日本製本工業組合連合会
▽グラビア 丸八製版(愛知県稲沢市)全国グラビア協同組合連合会
▽グラビア 平野屋物産 本社工場(福岡県大野城市)全国グラビア協同組合連合会
▽グラビア 平野屋物産 鷹取工場(福岡県うきは市)全国グラビア協同組合連合会
【新規GP資機材認定製品】
▽洗浄剤:東京インキ8製品、冨士薬品工業4製品、ウエノ1製品、
ハイデルベルグ・ジャパン1製品、成東インキ製造9製品
▽プレートクリーナー:東京インキ1製品
▽含浸型洗浄布:東京インキ2製品
▽エッチ液:東京インキ4製品