トッパン・フォームズ 「シンカクラウド」が「SAPICA」決済に対応
2017年08月08日
トッパン・フォームズ(以下トッパンフォームズ)とTF ペイメントサービス(TFPS、東京都新宿区、増田俊朗社長)、札幌総合情報センター(SNET、北海道札幌市、下村邦夫社長)は、TFPS が提供するクラウド型電子マネー決済プラットフォーム「Thincacloud/シンカクラウド」において、SNET が発行する札幌市内の交通・商業・行政分野で利用される市民IC カード「SAPICA(サピカ)」の決済に対応した電子マネー決済サービスの提供を発表する。「SAPICA」のシンクライアント方式での電子マネー決済は業界初となる。
また第一弾として既に「シンカクラウド」で各種電子マネー決済サービスを提供するサッポロドラッグストアー(北海道札幌市、富山浩樹社長)の各店舗においてSAPICA 決済サービスの提供を来春頃より予定。

「SAPICA」とはSNET が提供するIC カード。札幌市民を中心に143 万枚以上発行されている。現在は地下鉄やバス、市電の乗車券としての利用に加え、一部の商業施設などでも電子マネーとして利用されている。
このたびシンカクラウドでのSAPICA 電子マネー決済サービス提供によりさまざまなデバイスに対応する事が可能となり、電子マネー決済サービス導入コストの削減を実現する。


Thincacloud で広がるSAPICA 決済


【今後の展開】
トッパンフォームズならびにTFPS、SNET は札幌市内を中心にSAPICA 電子マネー決済サービスの促進に協力する事で利用シーン拡大に貢献していく。